日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 3分間で在宅体操 巣ごもり生活でもバランス能力磨く
印刷

トピックス from 日経電子版

3分間で在宅体操 巣ごもり生活でもバランス能力磨く

 日本経済新聞電子版

新型コロナウイルス対策で在宅生活を送る人が増えた。家にこもれば心身に変化が起こりやすく、体のバランス能力が低下しかねない。日常生活の根底を支えるだけに、自宅でできる運動で能力を維持したい。

モデルは桜美林大学芸術文化群講師・渡辺久美

 自宅で過ごす時間が長くなり運動不足になると、筋力の衰えに加え体を支えるバランス能力が低下しやすくなる。反射や平衡を保つ能力が下がると、足元のちょっとした段差につまずいて転倒することもある。注意力だけの問題ではなくシニア世代以外にも関わる。対策が欠かせない。

 バランス能力は、体が受ける刺激に対し脊髄神経が反射的に指令を送り、全身の筋肉が適切に反応すること。例えば足先が段差に触れた時、自分の意思とは関係なく体が自然に反射して転倒を防いでくれる。在宅時間が長くなり外部からの刺激が減ると、神経の働きや筋肉の反応に影響しかねない。体を意識的に動かすことが重要になる。

 まずは、バランス能力が衰えていないかチェックしよう。幅5センチメートル、長さ3.6メートル程度のライン(粘着テープや畳の縁を代用)を準備して床を歩行するための目印をつくる。最初は(A)タンデム歩行で現状を確認する。ラインの端で両足をそろえて立つ。そして片足をラインの上に乗せ体重をかける。もう一方の足を踏みだし、踵(かかと)を片方のつま先に当てる。こうして交互に足を繰り出しバランスを取りながらライン上を進む。

 指が3本ラインに乗るようにして前進しラインから外れないようにする。10歩以上、歩くことができればバランス能力が維持できている。

[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、踵を常に上げて歩行する(B)つま先歩き、つま先を上げたままで歩く(C)踵歩きを試す。最後はラインと体の左右方向を平行にして、つま先で歩く(D)つま先歩きにも挑戦。(B)~(D)は10歩以上の円滑な歩行を目標にする。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.