日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 「細マッチョ」目指す50代 筋トレのポイントは?  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

「細マッチョ」目指す50代 筋トレのポイントは?

 日本経済新聞電子版

 準備のストレッチをしてから、まず、腕立て伏せに挑戦。腕立て伏せでは体重の約7割が両腕に負荷としてかかると言われており、「上腕、肩、胸の筋肉はもちろん、バランスを取るため全身の筋肉が鍛えられる」(吉田さん)。

 手の位置は、肩よりも手ひとつ分後ろに。背筋を伸ばし、体をまっすぐに保ちそのまま下げ、上げる。腰が落ちたり突き出たりするのは禁物。

 「うわっ、きつい」。なまった体には、腕立て伏せは思った以上にこたえる。筋トレの腕立て伏せは、1セットを10~12回とし、間隔を20~30秒空けて、2~3セットこなす。日ごろ運動をしていないと、10回やるのも苦しい。

 「これ、相当ハードですね」と吉田さんに訴えると「負荷を増やさないと筋肉は増えないですよ」とほほえむ。やはり、楽して目標を達成しようというのは虫が良すぎる。

 次は下半身の筋肉を鍛えるスクワット。背筋をまっすぐ伸ばし、体の上げ下げを繰り返す。腰を落としたとき、膝がつま先より前に出るのはNG。筋肉にしっかりと負荷をかけるため反動をつけないようにするのが肝心だ。

 最後に腹筋。筋トレには太もものところに置いた手を滑らせて膝を触るところまで上体を上げる「ニータッチシットアップ」が良い。手を頭の後ろで組んでやると反動がつきやすいので、腹筋に負荷がかからない。

 3種目をこなすのにかかった時間は15分程度。終えると、息が上がり、筋肉がかなり疲労しているのを感じる。

 筋肉の量は20代がピークとされる。それでも「トレーニングをすれば何歳でもつけられる。いつから始めても遅くはない」と吉田さんは言う。

 シニア向けの筋トレはほかに、ダンベルを持って片足を前に踏み出す動作をする、膝を曲げて腰を下ろし、上体を後ろに倒して両腕で支え上腕三頭筋を鍛える、などの種目がある。3種目と組み合わせてやるとさらに効果的というが、還暦が目前の身には基本種目だけで十分だ。

 いま週3回、自宅で筋トレをしている。まだ、筋肉がついたという実感がないが、吉田さんは「1カ月半程度で効果が表れてくる。見た目が変わりますよ」と励ましてくれる。楽しみだ。

継続のためジム利用も

 自宅での筋トレは「お金がかからず、いつでも気軽にできる」(吉田さん)。しかし、ともすると怠け心が起きがちで、挫折してしまう例も少なくない。「筋トレの日」を決めて、「都合でできなかった場合は翌日にするというルールをつくっておくと続けやすい」(吉田さん)。

 継続するにはジムを利用するのも効果的だ。バーベルやマシンを使ったり、トレーナーから指導を受けたりすると、モチベーションが高まる。吉田さんは「自宅での筋トレに体が慣れてきたら、ジムでのトレーニングに進むといい」と勧める。

 無理をしないことも大切。筋トレはシニアにとってきつい運動。体調がすぐれないときは控えよう。

(大橋正也)

[NIKKEIプラス1 2018年3月10日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「フィットネス」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.