日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > おしゃれ染め、アレルギー症状に注意 安全に楽しむには
印刷

トピックス from 日経電子版

おしゃれ染め、アレルギー症状に注意 安全に楽しむには

異常を感じたら使用頻度を調整

 日本経済新聞電子版

目立ちはじめた白髪を染めて若々しさを保ったり、髪色を明るくして気分を変えたり。「毛染め」のオシャレを楽しむとき気をつけたいのが「かぶれ」などのアレルギー症状だ。重症化すると毛染めどころではなくなることもある。毛染め剤使用時の肌の変化などに早めに気づくことが大切だと専門家は指摘する。

 日本で初めて「白髪染め(酸化染毛剤)」が発売されたのは、今から100年以上前の1906年といわれる。今では、女性を中心になくてはならない存在だ。日本ヘアカラー工業会の矢野弘幸事務局長は「成人女性の7割、50~60代男性の2割が毛染め経験ありとのデータがある」と話す。

 毛染め剤には、大きく分けて、永久染毛剤(医薬部外品)、半永久染毛料(化粧品)、一次染毛料(化粧品)の三種類がある。永久染毛剤の代表は酸化染毛剤(ヘアカラーやヘアダイ)と呼ばれるものだ。

カラー剤に違い

 髪の毛の表面はキューティクルという組織で覆われているが、酸化染毛剤はその内部まで浸透し髪に色をつける。同時に、もともとの黒色色素メラニンを脱色するので髪の色を明るく変える「おしゃれ染め」も可能だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 半永久染毛料にはヘアマニキュア、カラーリンス、カラートリートメントなどがある。それぞれ使い方に違いはあるが、染料が髪の表層部に入り込むことによって髪色を変える。また、一時染毛料というのはヘアマスカラなどと呼ばれるもので、色素が髪の表面に付着する。

 これらのなかで、もっとも広く使われているのは酸化染毛剤だ。「一度の使用でしっかり染まる、髪色を明るくできる、皮膚が汚れにくいなどのメリットがある」(矢野事務局長)からだ。同時に、毛染めが原因で頭皮、首、顔にアレルギー性または刺激性の皮膚炎が起こるケースも酸化染毛剤がもっとも多い。

 消費者安全調査委員会は昨年10月、酸化染毛剤が原因で激しいかぶれやただれなどの被害相談が寄せられたケースが2014年までの5年間で千件を超えたと発表した。

 東邦大学医学部皮膚科学教室を中心とした研究グループが全国の2586例についてアレルギーの有無を調べたところ、酸化染毛剤の重要な成分であるパラフェニレンジアミンのアレルギーの陽性率が約7%であった。商品の改良も行われているが酸化染毛剤のアレルギーには注意が必要だ。

2日前にテスト

 健康被害を防ぐため、メーカーなどが推奨しているのが使用前のパッチテスト。毎回、毛染めを行う2日前(48時間前)に使用する薬剤を少量混ぜ合わせ、綿棒などで腕の内側に10円硬貨の大きさに塗る。一度乾燥させてしまえば皮膚に成分が浸透しているので、入浴してもよい。30分後と48時間後に塗った所に紅斑やかゆみなどがないかどうかを確かめる。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.