日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > おしゃれ染め、アレルギー症状に注意 安全に楽しむには
印刷

トピックス from 日経電子版

おしゃれ染め、アレルギー症状に注意 安全に楽しむには

異常を感じたら使用頻度を調整

 日本経済新聞電子版

目立ちはじめた白髪を染めて若々しさを保ったり、髪色を明るくして気分を変えたり。「毛染め」のオシャレを楽しむとき気をつけたいのが「かぶれ」などのアレルギー症状だ。重症化すると毛染めどころではなくなることもある。毛染め剤使用時の肌の変化などに早めに気づくことが大切だと専門家は指摘する。

 日本で初めて「白髪染め(酸化染毛剤)」が発売されたのは、今から100年以上前の1906年といわれる。今では、女性を中心になくてはならない存在だ。日本ヘアカラー工業会の矢野弘幸事務局長は「成人女性の7割、50~60代男性の2割が毛染め経験ありとのデータがある」と話す。

 毛染め剤には、大きく分けて、永久染毛剤(医薬部外品)、半永久染毛料(化粧品)、一次染毛料(化粧品)の三種類がある。永久染毛剤の代表は酸化染毛剤(ヘアカラーやヘアダイ)と呼ばれるものだ。

カラー剤に違い

 髪の毛の表面はキューティクルという組織で覆われているが、酸化染毛剤はその内部まで浸透し髪に色をつける。同時に、もともとの黒色色素メラニンを脱色するので髪の色を明るく変える「おしゃれ染め」も可能だ。

[画像のクリックで拡大表示]

 半永久染毛料にはヘアマニキュア、カラーリンス、カラートリートメントなどがある。それぞれ使い方に違いはあるが、染料が髪の表層部に入り込むことによって髪色を変える。また、一時染毛料というのはヘアマスカラなどと呼ばれるもので、色素が髪の表面に付着する。

 これらのなかで、もっとも広く使われているのは酸化染毛剤だ。「一度の使用でしっかり染まる、髪色を明るくできる、皮膚が汚れにくいなどのメリットがある」(矢野事務局長)からだ。同時に、毛染めが原因で頭皮、首、顔にアレルギー性または刺激性の皮膚炎が起こるケースも酸化染毛剤がもっとも多い。

 消費者安全調査委員会は昨年10月、酸化染毛剤が原因で激しいかぶれやただれなどの被害相談が寄せられたケースが2014年までの5年間で千件を超えたと発表した。

 東邦大学医学部皮膚科学教室を中心とした研究グループが全国の2586例についてアレルギーの有無を調べたところ、酸化染毛剤の重要な成分であるパラフェニレンジアミンのアレルギーの陽性率が約7%であった。商品の改良も行われているが酸化染毛剤のアレルギーには注意が必要だ。

2日前にテスト

 健康被害を防ぐため、メーカーなどが推奨しているのが使用前のパッチテスト。毎回、毛染めを行う2日前(48時間前)に使用する薬剤を少量混ぜ合わせ、綿棒などで腕の内側に10円硬貨の大きさに塗る。一度乾燥させてしまえば皮膚に成分が浸透しているので、入浴してもよい。30分後と48時間後に塗った所に紅斑やかゆみなどがないかどうかを確かめる。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.