日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 肩甲骨、自在に動かし軽快に 冬のこわばり楽しく解消
印刷

トピックス from 日経電子版

肩甲骨、自在に動かし軽快に 冬のこわばり楽しく解消

タオルと棒使って体操

 日本経済新聞電子版

衣類を着込むため肩をすくめがちな寒い季節は、肩甲骨の動きが制限されやすい。鳥の翼のような自由自在な動きが、肩甲骨の本来の持ち味だ。冬の間に生じたこわばりを今から解消して、軽快な春を迎えたい。

(モデルは早稲田大学エルダリーヘルス研究所招聘研究員・渡辺久美、以下同)

 肩甲骨は肩と腕をつなぐ役割を担い、鎖骨のみとつながっている。そのため上下左右、内外回旋の動きが可能だ。鳥の翼のように自由に動いて、私たちの日常の動作を支えている。

 ところが肩甲骨周辺の筋群、特に肩甲骨を覆っている後頭下部から肩、胸椎までの「僧帽筋」と、僧帽筋の奥にある「肩甲挙筋」の過緊張や、運動不足が原因のこわばりがあると、自由度が制限される。

 例えばスマートフォン(スマホ)やパソコンの長時間使用、編み物や縫い物など手先を細かく使う作業などで肩が凝るのは、親指の使い過ぎ(屈筋の酷使)が原因と考えられる。腕から肩の筋肉が硬く短くなり、肩甲骨が前方に引っぱられて、自由度が制限される。さらに、腕に向かう動脈と神経を圧迫し、痛みやしびれを招くこともある

 肩甲骨を動かさないことで生じる肩甲骨のズレやこわばりは姿勢を悪化させ、体のたるみや腰痛、基礎代謝の低下を招く。肩甲骨は適度に動かし、自由度を保つことが重要だ。

 
[画像のクリックで拡大表示]

 運動の前に、肩甲骨の位置と動きを認識しよう(写真上)。背中にタオルを斜めにあてがって肩甲骨を動かし、タオルに触れる様子を感じる。身体の部位を意識すると、運動の効果が得られやすくなる。

[画像のクリックで拡大表示]

 始めにタオルを両手で持ち、上下に動かす(写真左)。両手でタオルをピンと張り、鎖骨の下あたりにくるように肘を曲げてスタンバイ。腕を無理なく伸ばしながらタオルを真上に上げて、肩甲骨を意識して元の位置に戻す。10回ほどじっくり繰り返そう。

 最初の姿勢に戻り、今度はタオルの片端を体の中心線よりも斜め上、やや前方に突き上げてから下ろす(同右)。前かがみにならない範囲で、腕をしっかり伸ばそう。左右交互に繰り返す。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.