日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 春先の不調は背骨反らしで解消 自律神経整える効果も  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

春先の不調は背骨反らしで解消 自律神経整える効果も

 日本経済新聞電子版

 この後は(4)背骨ひねり。大きく脚を開き、膝の内側に手を添える。軽く脚を押し開くようにしつつ、肩を内側に入れて背骨をひねる。背筋を伸ばし、内側に入れた肩とは反対側の肘を外に突き出すようにするのがポイントだ。背中を丸めないように注意する。

座ってストレッチ

 脚の筋肉のこわばりも背骨まわりの自律神経に影響するため、太腿(もも)裏の筋肉を伸ばす(5)腿裏伸ばしもお勧めしたい。片脚を軽く伸ばし、踵(かかと)を付けてつま先を上に向ける。背骨を伸ばし、腿の付け根に手を添え、息を吐きながら上体を軽く前に倒す。深く倒すことで骨盤を前傾させ、腿裏を伸ばすことができる。

座ってストレッチ

 さらに挑戦したいのが、立ち上がって行う全身連動。背骨全体を刺激でき、全身の血流も促進できる。まずは(6)背骨反らし。安定した机に手を付き、2歩程度後ろに下がり、両腕にしっかり体重を乗せながら、背筋を反らせる。次は(7)背骨ひねり。机に片側の手を付いて、反対側の脚を外に開き、手は下から上に振りながら背骨をひねる。

立って全身運動

 この後は(8)ふくらはぎ伸ばし。片脚を後ろに引き踵を床に付け、ゆっくりと体重を前の脚にかけていく。後ろの脚のつま先を前に向け、反動をつけないようにして踵を付けるのがポイント。仕上げは(9)全身伸ばし。肩幅程度に脚を開いて立ち、片方の手を交互に引き上げて体を伸ばす。上げている手と反対側の肘は下に引き下げることで背筋を伸ばすように意識しよう。

立って全身運動

 自律神経の乱れによる不調は急を要するような症状でないことが多いことから、ついつい放置しがち。こまめなケアで春の不調を防ごう。

(早稲田大学スポーツ科学学術院 荒木邦子)

[NIKKEIプラス1 2020年3月7日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「フィットネス」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.