日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > 関節リウマチ、薬で治療 症状の進行が抑えられる
印刷

トピックス from 日経電子版

関節リウマチ、薬で治療 症状の進行が抑えられる

早期発見がカギ たばこは引き金に

 日本経済新聞電子版

関節が腫れて痛む関節リウマチ。かつては難病の代名詞で、全身に症状が広がって寝たきりになることもあった。治療薬が進歩し、現在は進行を抑えることが可能になっている。症状や診断、治療についてまとめた。

写真はイメージ=(c)Tharakorn Arunothai-123RF

 関節リウマチは膠原(こうげん)病の一種。膠原病とは細菌などの異物から体を守る免疫機能の異常により、本来守るべき自分の細胞や組織を攻撃し、炎症などを引き起こす自己免疫疾患を指す。

 日本の患者数は約70万~100万人とみられる。女性が約8割を占め、特に30~40代の女性に多く発症する

 主な症状は関節の痛みや腫れ、こわばりなど。慶応義塾大学医学部リウマチ・膠原病内科の竹内勤教授は「発症すると、関節の軟骨を包んでいる滑膜に炎症が起きて腫れ、朝起きたときにこわばりを感じるようになる」と説明する。どの関節にも発症の可能性があるが、最も多いのは手指の第2関節と第3関節だ

 チェックリスト(イラスト参照)にある症状が見られたら、早めに内科や整形外科を受診する。特に(1)~(3)全てに該当すると、関節リウマチの可能性が大きい。東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター診療部長の山中寿教授は「早期発見と適切な薬物治療により、半数以上の患者が日常生活に支障のないレベルに回復する」と話す。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.