日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 口腔ケアで健康長寿 歯周病対策も早めに
印刷

トピックス from 日経電子版

口腔ケアで健康長寿 歯周病対策も早めに

「食べる力」機能別にチェック

 日本経済新聞電子版

食べる、話すなど口は人間の根幹の機能を担う。この機能が低下すると、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルだけでなく、糖尿病や心臓病など全身の疾病につながる可能性があるという。特に高齢者は適切なケアをすることで病気や介護の予防につなげることができる。自分でできる口腔(こうくう)ケアのポイントを調べてみた。

東京都墨田区の口腔ケア講演会の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 「まずすぼめて『うー』と言ってください。次は『いー』。大きくはっきりやるのがコツですよ」。東京都墨田区が2月に開いた高齢者向けの口腔ケアの講演会。講師の歯科衛生士の指示に参加者は熱心に鏡を見つめながら口を動かした。

 講師を務めたライオン歯科衛生研究所の小川清夏さんによると、口腔機能を高めるには、口の周りの筋力、かむ力、飲み込む力、口の清潔度を高めることが重要だそうだ。
「まずどの機能が落ちているのかチェックして、それに応じたケアをすると効果的」

 例えば、固いものが食べにくくなった人はかむ力が落ちている可能性があるため30回以上かむといい。「最初の5口だけは30回かむなど、続けられる範囲でやればいい」(小川さん)。かみごたえのある根菜を多く取り入れたり、食材を大きめに切ったりすることもかむ回数を増やすコツだ。

 口臭が気になる人は清潔度が落ちているかもしれない。歯ブラシを歯に真っすぐあて軽い力で小刻みに磨く。歯間ブラシを使うのもよい。入れ歯の場合は洗浄剤を使う前と後にブラシで掃除するのがポイントだ。

(注)ライオン歯科衛生研究所の資料を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]
次ページ
啓発サイトも

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.