日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > インフル後も鼻水ズルズル それ副鼻腔炎かも  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

インフル後も鼻水ズルズル それ副鼻腔炎かも

鼻水に頭痛伴う場合も 投薬や手術で治療

 日本経済新聞電子版

[画像のクリックで拡大表示]

 副鼻腔炎には複数の種類がある。1つはいわゆる蓄膿(ちくのう)症で、副鼻腔にうみがたまる。ペニシリンなどの抗菌薬を1~2週間、あるいは少量のマクロライド系抗菌薬を3カ月を目安に服用して治療する。

 抗菌薬やステロイド薬を霧状にして鼻腔に送り込むネブライザー療法も有効だ。「抗菌薬を嫌がらず、しっかり治しきることが大切」と鴻教授。「鼻茸(はなたけ)というポリープができると副鼻腔炎が治りにくいので、内視鏡手術で切除するとよい」

 高齢者や糖尿病などの持病で免疫力が低下している人がかかりやすいのが、副鼻腔真菌症だ。副鼻腔にカビ(真菌)が増殖する。カビ臭い室内や空調の清掃不足など環境が原因の一つとなる。「急激に悪化する場合は、すぐに患部の切除手術が必要」(鴻教授)

 最近増えているのが、治りにくいタイプの「好酸球性副鼻腔炎」だ。白血球の一種、好酸球が過剰に反応して鼻と副鼻腔の炎症が続く。粘り気がある鼻水が特徴だ。「両方の鼻に多数の鼻茸ができて、強い鼻づまりや嗅覚障害を起こすことが多い。しばしば成人発症のぜんそくを合併するのも特徴」と石戸谷院長。

 ステロイド薬による継続的な治療が最も有効で、鼻茸の切除や副鼻腔の入り口を広げる内視鏡下副鼻腔手術で症状を軽減できる。好酸球性副鼻腔炎の鼻茸は再発しやすく、術後も継続して治療を受ける必要がある。症状が重い好酸球性副鼻腔炎は難病に指定され、医療費が助成される。

 鼻の不調が長引いたら、放置しても改善は見込めない。予防法はないので、なるべく風邪をひかないようにし、たかが鼻水と侮らずに、耳鼻科を受診するよう心がけたい。

(ライター 武田京子)

[NIKKEIプラス1 2018年2月17日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.