日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

若者に「スマホ老眼」 長時間使用でピンぼけ

遠くの文字見つめる 目に温タオルパック

 日本経済新聞電子版

 スマホ老眼の予防や改善で重要なのは、操作時の正しい姿勢だ。顔を画面に極端に近づけることを避ける。寝転がった姿勢でのスマホ操作も目の疲労につながる。クイーンズアイクリニック(横浜市西区)の荒井宏幸院長は「スマホは目から30~40センチメートル離して持って。視線を少し落とすように画面を見ると、目がリラックスし、ドライアイの予防にもつながる」と助言する。

 定期的に毛様体筋を休めることも大切だ。荒井院長のお勧めは「チラ見エクササイズ」。目が疲れたとき、窓の外の看板など遠方でようやく読める文字を目印にして、1時間に2~3回じっと見るようにする

 このほか入浴時にタオルで目の周囲を温めると血行改善を促す。目の機能維持に役立つポリフェノール類を含む食品を積極的にとるのも、目の疲労回復に役立つという。

 こうしたスマホ老眼対策は中高年にも重要だ。老眼の原因となる水晶体の弾力低下は40代以降も進行する。「スマホがもたらす毛様体筋の疲労が重なれば、より強い目のかすみや疲れ目などを招くほか、老眼を加速する可能性もある」(荒井院長)。井上院長は「40代以降は白内障や緑内障といった加齢性の目の病気も起きやすい。年1回は眼科を受診し、目の健康をチェックしてほしい」と助言する。

 快適な生活を送るために、くっきりとした視界を維持することはとても大切だ。常にスマホを持ち歩く人が多い現在、使いすぎに気を付けて、目の調節機能をいたわる生活習慣を心がけたい。

[画像のクリックで拡大表示]

(ライター 荒川直樹)

[NIKKEIプラス1 2018年1月27日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.