日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 冬に多いヒートショック 風呂やトイレ、温度差対策を  > 2ページ
印刷

トピックス from 日経電子版

冬に多いヒートショック 風呂やトイレ、温度差対策を

お風呂は41度以下/脱衣所・トイレ 暖かく

 日本経済新聞電子版

[画像のクリックで拡大表示]

 室温が下がりやすく注意が必要なのが、肌の露出が多くなる浴室やトイレなど。脱衣所の室温は小型の暖房器具などを使って18度以上にする。シャワーで熱めの湯を高い位置から浴槽に注ぐと、蒸気の働きで浴室内を20度前後に暖めることができるという。

 湯温は41度以下に保つ。「42度と41度では、体にかかる負担がかなり異なる」(高橋院長)。温度調整ができない場合は、湯温計を使おう。

 入浴方法にも気を配りたい。浴槽に入る前にかけ湯をして、湯に体を慣らす。湯につかる時間は1回10分以内に。浴槽では急に立ち上がらないようにして、立ちくらみを防ぐ。食後1時間以内や飲酒後の入浴は避ける。

 一人暮らしの場合は、周りに人がいる公衆浴場や日帰り温泉を使う手もある。入浴後は湯冷めに注意。気温が下がり過ぎない日没前に入浴するのも有効だ。

 杉院長は「寒い場所に移動するときは、スリッパや厚手の靴下をはくなど体を冷やさない工夫が大切。体表近くに太い血管が通る首筋は冷気の影響を受けやすい。屋外に出るときはマフラーを巻くなどの対策を取って」と話す。

 日本気象協会(東京・豊島)と東京ガスが共同開発し、インターネットで公開している「ヒートショック予報」も参考になる。全国約1900地点の7日先までのヒートショックリスクを5段階で示している。リスクの高い日は脱衣所の室温や浴槽の湯温などに十分注意する。高齢の親など離れて暮らす家族にも電話などで一声かけると、事故防止につながる。

(ライター 荒川直樹)

[NIKKEIプラス1 2019年1月12日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.