日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 足が赤く腫れて痛い 傷から細菌が侵入「蜂窩織炎」に  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

足が赤く腫れて痛い 傷から細菌が侵入「蜂窩織炎」に

 日本経済新聞電子版

 異常を感じたら、医療機関を受診しよう。梅林教授は「特に全身にわたって症状が出たときにはすぐに受診すべきだ。休日でも救急外来にかかってほしい」と助言する。

 全身に症状が出ている場合、細菌による炎症が皮膚の深部、筋膜にまで広がってしまう壊死(えし)性筋膜炎の可能性があるからだ。高熱や血圧の低下、意識の混濁などが起きて命の危険を伴う。「壊死した組織を切除するため、足を切断することもある」(梅林教授)そうだ。

 蜂窩織炎のようにみえて別の病気のケースもある。住吉院長は深部静脈血栓症を例に挙げる。体の深いところを流れる静脈に血栓ができる血管の病気だ。赤く腫れ、痛みを伴うなど症状が蜂窩織炎と似ているが、治療法も異なってくるので注意したい。血液検査やコンピューター断層撮影装置(CT)の検査によって診断がつく。

 蜂窩織炎と診断されれば、すぐ投薬治療が始められる。まず黄色ブドウ球菌と溶血性連鎖球菌の両方に有効な抗菌薬が処方される。住吉院長は「軽症の患者は抗菌薬の内服だけで治まることが多い」と語る。症状の程度によるが、治癒するまでには1~2週間ほど。下肢に症状が出ているときは足を高くして横たわり、安静にしておくとよい。

 重症の場合には入院して抗菌薬の点滴治療が必要になってくる。とりわけ糖尿病や炎症を抑えるステロイド剤での治療中など免疫力が低下する状況で重症化しやすいため、気をつけたい。

 蜂窩織炎は再発しやすいという。経験のある人は特に予防を意識しよう。普段から規則正しい生活を心がけ、免疫力を高めるのが大切だ。やけどや水虫をきっかけに細菌感染が起こる可能性もある。きちんと治療しておきたい。

 梅林教授は「これまでは20~50代の人に多い疾患といわれてきたが、当院では70代以上で症状を訴える人も目立つようになってきた」と明かす。新型コロナウイルスの感染拡大で医療機関の受診を控えているうちに重症化する恐れもある。何かおかしいと思ったら、症状が軽いうちに早めの対応を心がけよう。

(ライター 仲尾匡代)

[NIKKEI プラス1 2022年1月22日付]

この記事は、NIKKEI STYLE「健康づくり」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.