日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス from 日経電子版  > コーヒー習慣は健康寿命の援軍 注目成分のニコチン酸
印刷

トピックス from 日経電子版

コーヒー習慣は健康寿命の援軍 注目成分のニコチン酸

 日本経済新聞電子版

リモートワークが増え、家でコーヒーを飲む機会が増えた、という人も多いのではないだろうか。リラックス効果をもたらすこのコーヒー、ここ十数年の間には含有成分の疫学的な分析が進み、多くの研究者が健康効果についての論文や著書を次々と発表している。東京薬科大学名誉教授で、「コーヒー博士」として知られる岡希太郎さんもその一人。最近注目しているのはニコチン酸という成分と健康寿命の密接な関係だ。そこで岡さんに、コロナ禍の今だからこそ気になる、コーヒー習慣の効用についておさらいしてもらった。

 「日本のように社会が高齢化すると、ロコモティブシンドローム(ロコモ、運動器症候群)やフレイル(要介護一歩手前の虚弱状態)に悩む人が多くなります。コーヒーに含まれるニコチン酸には、これらのリスクを低減する効果が期待できる。日本人を元気で長持ちにする、つまり健康寿命の延長効果が期待できるわけです」

 こう語る岡さんは1941年生まれの薬学博士。東京薬科大や米スタンフォード大で臨床薬理学などを専攻し、漢方薬や生活習慣病にも詳しい。2004年からコーヒーと健康についての研究に取り組み、『珈琲一杯の薬理学』(医薬経済社)、『がんになりたくなければ、ボケたくなければ、毎日コーヒーを飲みなさい。』(集英社)などの著書がある。第一線を退いた今も英科学誌「ネイチャー」などを熟読し、最新の文献をつぶさにチェックしている。

健康寿命の延長効果が期待できる物質

 その岡さんが「今後の研究の進展に最も注目している」のが、ビタミンB3のひとつであるニコチン酸だ。キノコのヒラタケや大粒種のピーナツの含有成分として知られ、深く煎ったコーヒーに含まれる。様々なコーヒーの成分のうち、唯一のビタミン。ちなみにタバコのニコチンとは異なる物質だ。

「試験や論文の蓄積により、ニコチン酸の効果が広く認識されるようになるのはこれからでしょう」と岡希太郎さんは予測する

 なぜニコチン酸には「健康寿命の延長効果」が期待できるのか。それはNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質との関係で説明できる。

 NADとは細胞内のミトコンドリアの中にある補酵素のこと。酸化還元反応に関与する重要な物質で、細胞にできた傷の修復を促すほか、「人間が生きていくうえで一番大事なエネルギーをつくります」。人間のエネルギーは、ミトコンドリア内の様々な代謝酵素が栄養素を分解することによって得られる。「この代謝酵素はNADと結合することによって酵素活性を発揮するのです」。ここでつくられたエネルギーはATP(アデノシン3リン酸)というリン酸化合物に保存され、体の隅々にまで運搬される。

 NADは加齢とともに減少し、これが老化関連疾患の原因の1つになるとみられている。「NADが不足すると体の中でエネルギーが生み出せなくなり、それが筋肉量が減少するサルコペニアやロコモ、フレイルにつながる可能性があるわけです。いわば体というエンジンがガソリン不足になり、元気が出なくなる」

 ニコチン酸は体内で、このNADに変化するのだ。深く煎ったコーヒー豆10グラム中には、ニコチン酸が3~5ミリグラム含まれる。これを1日に3、4杯飲めば、NAD不足にならないだけの量に近いニコチン酸を摂取できるという。ビタミンB3自体は100年以上前に発見され、戦後の食料難の時代には病気の予防のために小麦や米に添加された歴史がある。「これが社会の高齢化に伴い、“老人病”(加齢性疾患)を防ぐ効果が見直され始めた。いわば古くて新しい成分なんです」と岡さんは指摘する。

 「ニコチン酸の効能に関する論文は近年、ようやく数が増えてきました。一般には善玉コレステロールを増やす効果や、皮膚・粘膜の健康を保つ美肌効果などが注目されていますが、医療の現場では、様々な病気の治療にも使われ始めています」

 その1つが、先天的なNAD不足による筋無力症で難病に指定されている「ミトコンドリア・ミオパチー」。昨年にはヘルシンキ大の研究チームが、ニコチン酸の投与で患者の筋肉中のNAD濃度が高まり、副作用もなく運動機能が回復したと発表した。また中国の医師団からは、やはり難病の潰瘍性大腸炎をニコチン酸の追加投与で治癒させたとの論文も発表されている。

 「年をとってもニコチン酸を摂取してNADを増やし、細胞内のミトコンドリアでしっかりエネルギーをつくることができれば、免疫力も高められる。人間本来の生命力を上げられるわけです。コーヒーを飲む習慣は、この点でも健康維持に役立つ可能性がある。なかにはコーヒーが苦手な人もいるので、容易に手に入るニコチン酸のサプリメントなどが今後、普及するといいですね」

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.