日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス from 日経電子版  > 体がふわふわ、つらいめまい 慢性の症状「PPPD」かも

トピックス from 日経電子版

体がふわふわ、つらいめまい 慢性の症状「PPPD」かも

 日本経済新聞電子版

船に揺られているようで足元が頼りない。同じめまいでも目がぐるぐるするのとは違い、「浮動性めまい」と呼ばれる。原因は様々で、近年新たな分類が加わった。深刻な病気が隠れている例もあり、注意が必要だ。

写真はイメージ=PIXTA
写真はイメージ=PIXTA

 めまいは大きく2種類に分けられる。ぐるぐると目が回る「回転性」、そしてふわふわと体が揺れるように感じる「浮動性」だ。日本赤十字社医療センター(東京・渋谷)耳鼻咽喉科の物部寛子部長は「現場で患者をみていると、浮動性めまいを訴えるケースが回転性の2倍くらい多いように感じる」と指摘する。

 浮動性めまいは原因がわかりにくい場合が多い。帝京大学医学部の室伏利久教授(耳鼻咽喉科)は「(耳の奥で重力や体の傾きを感知する)耳石器の異常や腰椎の病気、うつ病・不安障害など心因性のもの、薬の副作用による低血糖でも起こる」と話す。慢性化する場合も多いという。

 慢性的なめまいのひとつとして近年新たに国際的な学会で定義されたのが持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)。新潟大学で症状が3ヵ月以上続くめまい患者238人を調べたところ、4割が当てはまった。最初に強いめまいが起き、その後も浮動性めまいが長期間続く。体を動かしたり、動きの激しい映像を見たりすると起きやすい。

 人間の体は耳の前庭(耳石器)、体の回転を感知する三半規管に加え、視覚、皮膚や筋肉などから得られる情報(体性感覚)も活用しながらバランスを取っている。新潟大学の堀井新教授(耳鼻咽喉科・頭頸(けい)部外科学分野)は「内耳の障害をきっかけに、視覚や体性感覚が過敏に反応するようになると考えられる」と解説する。

 発症するのは50代を中心に20代から80代まで幅広い。特に不安気質の人に起こりやすいという。「放置していては治らず、悪化する例が目立つ」(堀井教授)のも厄介だ。

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.