日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス from 日経電子版  > コンタクト、老眼にもフィット 広がる遠近両用品  > 2ページ目
印刷

トピックス from 日経電子版

コンタクト、老眼にもフィット 広がる遠近両用品

 日本経済新聞電子版

 遠近両用コンタクトのように多焦点の眼内レンズを入れれば、遠くも近くも見えるようになり、メガネがいらない。ただ公的な健康保険の対象外(先進医療適用)で高額なのが難点だ。

 「モノビジョン」と呼ぶ治療法には公的保険が適用されている。左右で見え方が違う単焦点の眼内レンズを入れる手法で、効き目に遠くにピントが合うレンズ、もう片方の目には近くにピントが合うレンズを入れる。両目で見ると自然な見え方になるとされる。

(左)利き目で見ると遠くがはっきり。(中)利き目ではない方の目で見ると近くがはっきり。(右)両目で見ると遠くも近くもはっきりする(モノビジョンのイメージ)=北里大学病院提供
(左)利き目で見ると遠くがはっきり。(中)利き目ではない方の目で見ると近くがはっきり。(右)両目で見ると遠くも近くもはっきりする(モノビジョンのイメージ)=北里大学病院提供
[画像のクリックで拡大表示]

 北里大学病院(相模原市)で手術を受けた市内在住の女性(65)は「白内障の手術を受けてメガネをかけるのが嫌だった。遠くも近くも見えて不便なく生活が送れる」と満足する。同病院では、白内障の手術をする年間約3500人の患者の2割弱がモノビジョンを選ぶという。

 北里大医学部の庄司信行主任教授は「度数の差をどう調整するかがカギ」と話す。手術のほか、事前検査のために十分なスタッフや設備が必要で、手術ができる病院は限られる。

 庄司主任教授は「白内障患者には単焦点レンズの手術を説明し、勧めている。どうしてもメガネを使わずに遠くも近くもみたいという患者には、モノビジョンを選択肢の一つとして紹介している」と話す。

◇     ◇     ◇

眼科医と相談 慎重に選んで

 「白内障治療の眼内レンズは種類によって見え方に違いがあります」。今月15日、井上眼科病院(東京・千代田)で白内障の手術を考える人を対象としたセミナーが開かれた。約50人の参加者に、眼科医がレンズの基礎知識、診察・手術の流れなどの注意点をわかりやすく説明した。

 手術を考える人は、こうした情報をしっかり提供する医療機関を選んで知識を得るのが、判断する上で手掛かりになる。

 白内障手術は年間150万件が行われていると推計されるが、このうち多焦点の眼内レンズは2%程度とみられる。ほとんどの手術が単焦点眼内レンズだ。

 多焦点の眼内レンズは夜間に照明の周りに光の輪ができたり、にじんでまぶしく見えたりすることがある。単焦点レンズを使う「モノビジョン」は立体的に見えにくいことがある

 日本眼科医会の井上賢治常任理事は「日常生活で、どんな見え方を優先するのか眼科医とじっくり相談し、理解・納得した上で慎重なレンズの選択が必要だ」と強調する。

(近藤英次)

[日本経済新聞朝刊2018年12月24日付]

この記事は、日本経済新聞電子版「病気・医療」からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.