日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > あべこべ体操  > 体をあべこべに動かして、肩と首の凝りを解消!
印刷

あべこべ体操

体をあべこべに動かして、肩と首の凝りを解消!

第1回 首と目のあべこべ体操

運動でもストレッチでもないのに、驚くほど凝りや痛みを解消するあべこべ体操。「あべこべ」=「非日常的な動き」で脳を活性化し、やさしく心地よい振り子のような動きで体のゆがみを調整。心身の緊張を取り去る新メソッドです。

ゆっくりとした往復の動きで、関節や筋肉を緩める

 「体の緊張を解くのは運動でもストレッチでもなく、心地よくやさしい動きを繰り返すこと」。こう話すのは、『あべこべ体操』の考案者、北洞誠一さん。

 あべこべ体操とは、イスラエルの物理学者が考案した身体改善法「フェルデンクライスメソッド」がベースの新しい体操法だ。まずは基本の“自然な動き”を行い、その後で“非日常的な動き”として、身体の各所を左右や上下に向けてそれぞれ逆方向に動かす。これが一番の特徴だ。

体を同時に二カ所、あべこべに動かすだけ。

 「基本の動きを先に行うことで、後で行うあべこべの動きが強調され、強く意識できるようになる。さらに、“非日常的な動き”で脳が刺激される。同時に運動神経も活性化され、筋肉や関節の動きが滑らかに。柔軟性も増して体が軽くなります」と北洞さん。

 ゆっくりとした往復の動きを心地よく繰り返すうちに、凝り固まっていた関節や筋肉は緩み、緊張を解き始め、体の各パーツは「“分化”する」(北洞さん)。結果的に関節の可動域は広がり、ゆがんだ骨格も正しい位置に近づいて「肩や首の凝り、腰痛が改善される」(北洞さん)のだとか。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらにリラックス効果も高いという。体操指導中はみな、あくびを連発するとか。不眠の改善も期待できそうだ。

 「無理はせず、基本とあべこべの動きの間には二呼吸分くらいの休みを挟むこと。たとえ楽でも非日常的な動きで神経は疲れを感じますから」(北洞さん)

 今回から3回にわたって紹介するメソッドは、1日1~2セットですべて行うのが目安。ゆっくり気持ち良く、ゆらゆら~っと始めよう。


1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツNEW

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.