日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 足裏セルフマッサージで不調をリセット  > 足裏の色と指の形で 性格から体質まで ズバリ“診断”
印刷

足裏セルフマッサージで不調をリセット

足裏の色と指の形で 性格から体質まで ズバリ“診断”

体の疲れは「黄色」、血液循環の低下は「紫」で表れる

足裏マッサージでケアできるのは、体の不調だけではない! 「実は体質や性格までも足裏に表れるのです」とは、リフレクソロジストの市野さおりさん。今回は趣向を変えて、「手相」ならぬ「足相」を紹介。自分の体質や隠れた性格をのぞいてみよう。

 足裏の色は、顔色と同じように変化するのだという。落ちこんでいたり、エネルギー不足だったりすると白っぽくなり、興奮したり、怒りをためているときは赤っぽくなったりするのだそうだ。

 「足裏の色は体調を示すことに加えて、そのときどきの精神的な状態も表します。自分の体質や心理状態を客観的に見直す目安にもできる」と、リフレクソロジストの市野さおりさんは語る。




市野式“足裏診断”で分析
看護師時代に、看護にかかわった人々の健康状態と足裏との関係について関心を持ち、その経験から独自の“足裏診断”の方法を確立。施術では、足裏の色や形、シワ、角質、硬さ、湿感、匂いなど、念入りに観察、分析する。

 一方、「その人の性格や気質がよく表れる」(市野さん)というのが、足の指の形や指先の向きだという。

 指の形は生まれた時から変わらないと思うかもしれないが、「実は生活スタイルによって作られている」(市野さん)。その人の生き方や考え方が生活スタイルに表れるからこそ、それに応じて指の形も変化していくと考えられている。足指の形は常に変化しているらしいのだ。

 このように、足裏の色、指の形や向きをじっくりと観察すると、今まで気づかなかった自分の性格、気質、物事の向き不向きといった新たな一面が発見できるかもしれない。


色は「ピンク系」、3つのゾーンで濃淡があることが理想

 心身ともに健やかであることを示す色はピンクだ。下表の「ピンク」に示した足裏のように、濃淡のグラデーションがくっきり出ているのがベスト。

 足裏の色にグラデーションがないときは要注意。「内臓系や自律神経系が弱っていることを示していることがあるので、思い当たる節があれば、早めに専門医の診察を受けるといいでしょう」(市野さん)。

足裏の色を3つのゾーンで見分ける

5つの色が足裏に表れる
ピンク 心身ともに健全な
理想のカラー
(1)と(3)(上のイラスト参照)の部分が少し赤めのピンクで、(2)の部分が淡いピンクで、内側が少し白っぽい状態が理想。
心身ともに健康なので、マッサージでこの状態を維持したい。
胃弱、貧血など
体調の低下に注意
エネルギー不足。
精神的なプレッシャーが続いている場合もある。
貧血に注意し、栄養価の高い食事を心がけよう。
消化器系や体全体に
疲れがたまっている
疲労と関係のある肝臓や、消化器系の機能が低下している。
肉体疲労が出ているサイン。
ゆっくり休息を取り、リラックスを心がけよう。
血液循環の滞りや
血液の酸化に注意
冷えやむくみなど、血液やリンパの流れが滞り、排せつの機能が下がっている人に多い。
足裏マッサージで足先から温めるといい。
余分なエネルギーが
過剰にたまっている
エネルギーがありすぎる状態。
興奮していたり、怒りをためていたりしていないか、心の状態も含めて見直すように。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.