日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 足裏セルフマッサージで不調をリセット  > 硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす

足裏セルフマッサージで不調をリセット

硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす

リフレクソロジー式! 脚疲れ、胃腸トラブル、肩首の凝りを解消

足裏は“体の調子を映し出す鏡”であることを知っている人は多いかもしれない。そこで、足裏をほぐす基本のケアから、肩や首の「凝り」や、頑固な脚の「むくみ」などに効果的なセルフマッサージを紹介。リフレクソロジー式の反射区を使って、足裏から体の不調をリセットしよう。

不調に合わせて反射区を押すだけ

 足裏をもんでもらうと、それだけでとても気持ちのいいもの。脚の疲れや冷え、むくみが改善されるばかりか、なんだか体全体もすっきり軽くなる。

 そんな心地良さを求めて、仕事帰りに足裏マッサージサロンに立ち寄る人も多いのでは?

 リフレクソロジストの市野さおりさんは「コツさえわかれば、プロから受けるようなマッサージが自分でもできます」という。

 そこで、基本の足裏マッサージから、「脚の疲れ、むくみ」「便秘、胃の痛み」「肩、首の凝り」といった、いざというときの不調別マッサージまで、目的に応じたケアを紹介。早速、試してみよう!

まずは足裏にある反射区を知ろう

 足裏には、体の各器官や臓器と相応してつながっているゾーンがあるとされ、これを「反射区」と呼んでいる。反射区を押したりもんだりすることで、相応する器官や臓器に刺激を与えて、機能を活性化させるのが足裏マッサージの目的だ。例えば、胃の調子が悪い場合、足裏の胃の反射区をマッサージすることで、不快な症状が和らぐといった具合。

 東洋医学でいうツボは「点」でとらえるが、リフレクソロジーにおける反射区は「面(ゾーン)」として広範囲を指す。そのため専門家でなくても、比較的簡単に正しいゾーンを探せるのがメリットだ。

 足裏の反射区は下図のとおり。内臓の位置が左右対照でないように、各臓器の反射区も左右が異なっていることがわかる。

足裏の反射区は左と右で相応している器官が違う
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.