日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 足裏セルフマッサージで不調をリセット  > 硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす  > 3ページ目
印刷

足裏セルフマッサージで不調をリセット

硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす

リフレクソロジー式! 脚疲れ、胃腸トラブル、肩首の凝りを解消

メソッド4 固まり気味の関節をほぐす 足首回し
足首の力で回すのではなく、手で回すのがコツ。両足とも右回し、左回しそれぞれ5回ずつ行う。
足首の力で回すのではなく、手で回すのがコツ。両足とも右回し、左回しそれぞれ5回ずつ行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 右手の人さし指を、左足の親指と人さし指の間に挟んで足先をしっかりと包みこみ、足首をゆっくり回す。

 左手で足首の上を持って固定すると回しやすい。左足が終わったら、右足を(やりやすい方の足から始めていい)。足首まわりの硬くなった関節をほぐし、リンパの流れを良くして、脚のむくみを解消する。


メソッド5 指先への刺激で感覚を呼び起こす 足指V字曲げ
「内側に曲げて戻す」を1セットとして両足で各3セット。
「内側に曲げて戻す」を1セットとして両足で各3セット。
[画像のクリックで拡大表示]

 足の中指の根元あたりに、両手の親指を当てながら、足裏をしっかり包みこむ。両手親指をギューッと押しこむようにして、5本の足指が全体でV字形になるように曲げる。さらに親指側や小指側にV字形をずらしたりして、満遍なく足先をほぐす。


メソッド6 日ごろの足りない動きを補う 足裏スライド
両方向にねじるのを1回として、ゆっくり5回。もう片方の足も同様に行う。
両方向にねじるのを1回として、ゆっくり5回。もう片方の足も同様に行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 右足の甲を握るように、右手で足首の方を持ち、左手で足先の方を持つ。タオルを絞るようなイメージで、左手を奥に右手を手前にねじる。逆方向(左手を手前に、右手を奥に)も行う。

 足の甲と足裏の筋肉を、大きく動かすことで足先全体の血行が良くなり温かく感じられる。冷えからくる足のだるさの解消にもいい。


これも試して!

足指回し
指を1本ずつ、右回し、左回しそれぞれ5回ずつ回す。強く引っ張りすぎないように注意。
指を1本ずつ、右回し、左回しそれぞれ5回ずつ回す。強く引っ張りすぎないように注意。
[画像のクリックで拡大表示]

 足首回しのあとに、さらに足の指も回すとよい。片方の手で、外反母趾(がいはんぼし)になりやすい親指の関節の下をしっかり押さえて、もう一方の手でしっかり足の指を持つようにして行う。指の根元からしっかり回す。

順番に小指まで1本ずつ、軽く引っ張るようにしながらグルグルと回す。



(取材・文:船木麻里/写真:岡崎健志/モデル:小町あかり/イラスト:三弓素青)

市野さおり さん
看護師 リフレクソロジスト
市野さおり さん 自衛隊中央病院を退職後、各種病院外来でアロマセラピー、リフレクソロジーを生かした「統合医療ナース」として勤務。現在は東京・新宿の鍼灸院「コンフィアンサ」で施術を行う傍ら、セミナーや講演の活動、後進の指導を行う。

(出典:日経ヘルス2010年10月号)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値NEW

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.