日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 足裏セルフマッサージで不調をリセット  > 硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす  > 2ページ
印刷

足裏セルフマッサージで不調をリセット

硬くなった足裏を基本のメソッドでほぐす

リフレクソロジー式! 脚疲れ、胃腸トラブル、肩首の凝りを解消

固まって動かない足裏をほぐす 「押す」「開く」「曲げる」のが基本

 エアコンの影響や運動不足で、あなたの足裏は思った以上に冷たく硬くなっていない? まずは基本のマッサージで、足裏をゆっくりもみほぐすウオーミングアップからスタートしよう!

 本来、日ごろからよく歩き、運動していれば、足は指先から足首まで柔軟に動くもの。しかし、現代社会ではどうしても活動不足のために動きが鈍り気味。さらに、靴で足を締めつけたり、はだしの際に足裏を傷つける要素も加わってくる。

 そんな足にとって過酷な状況について、リフレクソロジストの市野さんは「足裏が硬くなれば、血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物をためる。この悪循環がどんどん足裏の感覚を鈍らせます」と説明する。

 プロに施術を受けると様々なテクニックに驚かされるが、セルフマッサージは、「押す」「開く」「曲げる」「ねじる」「こする」だけでできる。そのうちの「押す」「開く」「曲げる」が基本だ。まずは足裏にある反射区を押す前に、これらの技を駆使して足裏全体をほぐそう。さらに指を一本ずつ回したり、足裏をねじったり、もんだりしてみよう。「毎日やるのが無理なら、週に2~3回のマッサージでもいい」(市野さん)。

 あらゆる刺激を与えることで、鈍っていた足裏の感覚がよみがえってくるのがわかるはずだ。

6つのメソッドで足裏の感覚を取り戻す!

メソッド1 足裏のコリコリやゴリっを探す 足裏スキャン
手の親指を「虫がはうように」少しずつ動かして押すのがコツ。かかとから5本の指にそれぞれ向けて押しさする。
[画像のクリックで拡大表示]

 かかとの中央に片手の親指の腹を当て、それぞれの足指に向かってゆっくりと押しながら動かす。硬くなった硬い所や押して気持ちのいい所、角質のある所、凝りのある所も入念にチェックしよう。

 角質や凝りなど、触って違和感があれば、そこに対応する臓器や器官の機能が低下している証拠。前ページにある「反射区」の図を参考に、念入りにマッサージしよう。


メソッド2 凝り固まった足裏を中央からほぐす 足裏開き
足裏の3カ所を広げるのを1セットとして、3セット行う。やりやすい方の足裏から始めてよい。終わったら反対の足も行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 足を両手で包みこみ、両手の親指の腹を足裏中央に当てる。そこから親指を両端に向けて滑らせながら、足裏を左右に割る感じでゆっくりと押し広げる。

 かかとに近い所、真ん中、足先に近い所と、3カ所を広げる。固くなった足裏全体の緊張がほぐれ、足裏の血流やリンパの流れが良くなる。


メソッド3 鈍った足裏の筋肉を柔らかくする 3点押しねじり
足裏中央の少し前にある「湧泉」から押し始めて、「足心」「失眠」の順に行う。硬くなっているかかとは、特に念入りにねじるとよい。両足行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 足裏には三つのツボがある。まず、足裏の中央よりも前にある「湧泉」(ゆうせん)、足裏中央の「足心」(そくしん)、かかとのほぼ中央の「失眠」(しつみん)。

 足裏の筋肉を柔らかくするこれらのツボに親指の腹を当て、グルグルと押しねじりながら、8つ数える。


日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.