日経グッデイ

朝夜5分 自律神経ダイエット

腸の血流をアップし、お腹の中の「ためこみ」をストップ!

「回す」「絞る」で腸の動きを活発にする

激しい運動をしなくても、太りにくい体質が手に入る。それが、リバウンド知らずの自律神経ダイエット! 自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部 の小林弘幸教授が提唱する「自律神経セルエクササイズ」に挑戦してみよう。副交感神経が活性化してリラックスモードに切り替わり、「腸の動きも改善して、便秘が解消。腸内環境も整う」と、小林教授。1回5分。朝晩やって、太りにくい体質を手に入れて!

自律神経を整えるためには腸の刺激が大切

 自律神経セルエクササイズでイチオシなのが、腸を刺激する「クロスつかみ回し」と「くびれメイク絞り」の2つ。

 「外気温が下がる冬は交感神経が上がって、腸の動きをコントロールする副交感神経が下がりやすい。そのため腸の血流もぜん動運動も悪くなり、悪玉菌が繁殖しやすい環境になる。手でお腹をつかんだまま骨盤を回し、腸を押す、ひねるなどの刺激を与えるとよい」(順天堂大学医学部の小林弘幸教授)。

[画像のクリックで拡大表示]

 便秘じゃないから、「腸内環境に問題なし」と思うのはちょっと待って。「芋類や豆類を食べてお腹が張ったり、おならが臭い人も、腸内環境が悪い証拠」と小林教授。食物繊維や発酵食品も食べるように心がけよう。

便秘解消に効果抜群! クロスつかみ回し

 便が溜まりやすい場所を対角線上につかんで骨盤を回すことで、腸に多方向のストレッチ効果が加わり動きが活発になる。コツは骨盤をゆっくり大きく回すこと。腰痛防止にも効果的だ。

[画像のクリックで拡大表示]

即効!やせ見えテク くびれメイク絞り

 息を吐きながら体を前へ倒すたびに、両手でわき腹をギュッ! ギュッ! と絞りこむ。お腹の奥にある筋肉も刺激されて、ウエストまわりが引き締まり、くびれ効果もアップ!

[画像のクリックで拡大表示]

 次回は、体幹部から代謝を上げて自律神経を活性化する方法をご紹介します。


(取材・文:茅島奈緒深/写真:鈴木 宏/イラスト:三弓素青/モデル:下枝 愛)

小林弘幸さん
順天堂大学医学部 教授
小林弘幸さん 自律神経研究の第一人者。数多くのトップアスリートのコンディショニングとパフォーマンスの向上指導にかかわる。日本体育協会公認スポーツドクター。著書に『便秘・ダイエット・不眠・ストレスに効く!! セル・エクササイズ』(学研パブリッシング)ほか多数。

(出典:日経ヘルス2013年2月号)