日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 朝夜5分 自律神経ダイエット  > 腸の血流をアップし、お腹の中の「ためこみ」をストップ!
印刷

朝夜5分 自律神経ダイエット

腸の血流をアップし、お腹の中の「ためこみ」をストップ!

「回す」「絞る」で腸の動きを活発にする

激しい運動をしなくても、太りにくい体質が手に入る。それが、リバウンド知らずの自律神経ダイエット! 自律神経研究の第一人者である順天堂大学医学部 の小林弘幸教授が提唱する「自律神経セルエクササイズ」に挑戦してみよう。副交感神経が活性化してリラックスモードに切り替わり、「腸の動きも改善して、便秘が解消。腸内環境も整う」と、小林教授。1回5分。朝晩やって、太りにくい体質を手に入れて!

自律神経を整えるためには腸の刺激が大切

 自律神経セルエクササイズでイチオシなのが、腸を刺激する「クロスつかみ回し」と「くびれメイク絞り」の2つ。

 「外気温が下がる冬は交感神経が上がって、腸の動きをコントロールする副交感神経が下がりやすい。そのため腸の血流もぜん動運動も悪くなり、悪玉菌が繁殖しやすい環境になる。手でお腹をつかんだまま骨盤を回し、腸を押す、ひねるなどの刺激を与えるとよい」(順天堂大学医学部の小林弘幸教授)。

[画像のクリックで拡大表示]

 便秘じゃないから、「腸内環境に問題なし」と思うのはちょっと待って。「芋類や豆類を食べてお腹が張ったり、おならが臭い人も、腸内環境が悪い証拠」と小林教授。食物繊維や発酵食品も食べるように心がけよう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.