日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 朝夜5分 自律神経ダイエット  > 自律神経ダイエット バランス診断
印刷

朝夜5分 自律神経ダイエット

自律神経ダイエット バランス診断

10の質問に答えるだけでバランスが診断できる

激しい運動をしなくても、太りにくい体質が手に入る。それが、リバウンド知らずの自律神経ダイエット! 呼吸を意識しながら腰を回したり、ストレッチをしたりするだけで、内臓の働きや全身の血流が整い、便秘や冷え、イライラも、まとめて解消できる。

太りやすさは自律神経の働きが影響している

自律神経の動きはとても繊細。気温の変化などにも体はすぐに反応し、無意識に自律神経を調整している。
[画像のクリックで拡大表示]

 「忙しい現代人には自律神経のバランスが乱れて、交感神経が優位なままの人が多い」と、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。


 自律神経は内臓の働きや血流、代謝をコントロールしている。交感神経と副交感神経が交互に、活発に働くのが理想。だが、交感神経優位な状態が続くなどバランスが乱れると、体の機能も乱れて、「食べたものの代謝が滞り、脂肪として溜め込まれやすい」(小林教授)。それが“太りやすい”原因だ。


 「単にやせるなら食べる量を減らせばいい。だが、健康にやせたければ、体の隅々の細胞にまで栄養が届けられ、代謝を維持する必要がある。そのためには、腸で栄養を十分に吸収することが大切。さらに、栄養を含んだ質の良い血液を全身の末梢に届けるために、血流の良さも必要です」(小林教授)。


 その血流は、自律神経によってコントロールされている。「自律神経は交感神経と副交感神経の両方の活動レベルが高いのが理想。でも、現実には悪いニュースを耳にした程度で副交感神経の働きはすぐに下がる。血流が悪くなり、常態化すると太りやすくなる」(小林教授)。自分の自律神経のバランスを知ってダイエットに役立てよう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.