日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 朝夜5分 自律神経ダイエット  > 自律神経ダイエット バランス診断
印刷

朝夜5分 自律神経ダイエット

自律神経ダイエット バランス診断

10の質問に答えるだけでバランスが診断できる

激しい運動をしなくても、太りにくい体質が手に入る。それが、リバウンド知らずの自律神経ダイエット! 呼吸を意識しながら腰を回したり、ストレッチをしたりするだけで、内臓の働きや全身の血流が整い、便秘や冷え、イライラも、まとめて解消できる。

太りやすさは自律神経の働きが影響している

自律神経の動きはとても繊細。気温の変化などにも体はすぐに反応し、無意識に自律神経を調整している。
[画像のクリックで拡大表示]

 「忙しい現代人には自律神経のバランスが乱れて、交感神経が優位なままの人が多い」と、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。


 自律神経は内臓の働きや血流、代謝をコントロールしている。交感神経と副交感神経が交互に、活発に働くのが理想。だが、交感神経優位な状態が続くなどバランスが乱れると、体の機能も乱れて、「食べたものの代謝が滞り、脂肪として溜め込まれやすい」(小林教授)。それが“太りやすい”原因だ。


 「単にやせるなら食べる量を減らせばいい。だが、健康にやせたければ、体の隅々の細胞にまで栄養が届けられ、代謝を維持する必要がある。そのためには、腸で栄養を十分に吸収することが大切。さらに、栄養を含んだ質の良い血液を全身の末梢に届けるために、血流の良さも必要です」(小林教授)。


 その血流は、自律神経によってコントロールされている。「自律神経は交感神経と副交感神経の両方の活動レベルが高いのが理想。でも、現実には悪いニュースを耳にした程度で副交感神経の働きはすぐに下がる。血流が悪くなり、常態化すると太りやすくなる」(小林教授)。自分の自律神経のバランスを知ってダイエットに役立てよう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.