日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > タイプ別にするする出せる! お腹ぺたんこ「腸エクサ」  > 出口づまり腸になったら肛門付近の筋肉を刺激
印刷

タイプ別にするする出せる!  お腹ぺたんこ「腸エクサ」

出口づまり腸になったら肛門付近の筋肉を刺激

反射能力や肛門筋力の低下が原因に

体を動かさない生活がたたり、腸を動かす筋肉までサビついたり、筋力不足になってしまったり…。そうした習慣は、実は便秘気味になる大きな原因になり、「ピリピリ腸」「だらだら腸」「出口づまり腸」のタイプによって最適な解決方法が違います。腸のタイプ別のエクササイズなら、たった3分で取り組めて、腸本来の動きを取り戻してくれます。効率よく “出せるカラダ” になりましょう!

出口づまり腸はこんな人

 習慣的に便意を我慢した結果、直腸の圧力センサーが鈍って便意を感じなくなる。または、肛門を開け閉めする肛門括約筋(こうもんかつやくきん)がうまく動かないタイプのこともある。

「出口づまり腸」はこんな人に多い
「出口づまり腸」はこんな人に多い

 直腸や肛門の働きがうまくいかないと「出口づまり腸」になってしまう。直腸に便が到着しても便意を感じなかったり、肛門を意識的に動かしにくかったりするのだ。「若いときは“我慢”が原因でなる場合が多い」と順天堂大学医学部の小林弘幸教授は話す。一方、40歳以降は便を感知する反射能力の低下や肛門括約筋の筋力低下により、意識的に肛門を締めたり緩めたりできなくなる場合が増える。

 このタイプの人は、肛門付近の筋肉を刺激することが大切。「排便時には、腰やお尻など、体の後ろ側の筋力も必要」と首都大学健康福祉学部の竹井仁教授。股割りや四つばい体操で鍛えれば、便秘解消だけでなく、下半身の引き締め効果も期待できる。

小林式 股割り 下半身全体を鍛える

 肛門を締めている肛門括約筋を刺激すると同時に、腹筋など下半身全体を鍛える。両足を大きく開いて、ひざを曲げ、腰を低く落とす。右ももに右ひじをのせ、股関節をぐっと開いて10~15秒キープしよう。反対側も同様に行う。

[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.