日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術  > 睡眠を妨げる5つの病気の最新対策【後編】
印刷

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

睡眠を妨げる5つの病気の最新対策【後編】

悪夢、寝汗、酸っぱい胃液がこみ上げてきて眠れないのは病気が原因?!

不快感で寝付けなかったり夜中に目が覚めたり、睡眠時間はとっているのに日中眠くて仕方ない─。あなたの眠りが“悪い”のは病気のせいかもしれません。その見分け方と対処法、最新の治療法を2回にわたって紹介します。

1.ムカムカして目が覚めたり、眠れなかったりする 胃食道逆流症

「週3回以上胸焼け」がある人の7割は睡眠障害あり

 胃食道逆流症は、一度、食道を通って胃に入ったはずの食べ物が逆流して、酸っぱい胃液がこみ上げたり、頻繁に胸焼けが起こったりする病気。一見、睡眠には関係なさそうだが、「『酸っぱいものがこみ上げてきて飛び起きた』『胸焼けがして眠れない』と訴える患者さんは意外に多い」と話すのは、胃食道逆流症治療・研究の第一人者の東北大学の本郷道夫名誉教授。

 全国の通院患者を対象にした調査では、逆流症状が週1回ある人の約40%、3回以上ある人の約70%が、なかなか寝付けない「入眠障害」、途中で目が覚める「中途覚醒」があると回答した(下図グラフ)。睡眠時無呼吸症候群と胃食道逆流症を併発する人もおり、胃食道逆流症の治療をしたら、睡眠時無呼吸症候群も治る人がいるという。

[画像のクリックで拡大表示]

 「腰の曲がった60歳以上の女性や40歳以上で肥満の男性に多い病気だが、30~50代の女性でも、暴飲暴食をしたときやウエストを締め付けるような服装をした日の夜に胸焼けや逆流が起きやすい。脂っこいものを食べすぎたり、ストレスが多かったりすると、胃酸の分泌が多くなり、逆流が起こりやすく、酸に弱い食道を荒らしてしまうので要注意」と本郷名誉教授は話す。

[画像のクリックで拡大表示]

生活習慣などを見直す プロトンポンプ阻害薬も

<対 策>

 睡眠中に胃食道逆流症が起こらないようにするには、まずは夕食で脂っこいものをとるのは避け、暴飲暴食をしないこと。ウエストを締めつけたり、辛いものを食べすぎたりもご法度。食べ物の消化には3時間程度かかるので、睡眠前3時間は飲食をしないことも重要だ。

 「みかんなどの柑橘類やビールやコーラなどの炭酸飲料で胃酸の逆流や胸焼けが起こりやすい人もいる。原因になる食べ物は人それぞれだが、“これを食べたら胸焼けした”というものは避けること。気分転換をしてストレスとうまく付き合うようにすれば、胃酸の逆流も治まり、よく眠れるようになることも多い」と本郷名誉教授。

 それでも症状が解消しない場合には薬物治療が有効だ。夜だけ逆流がある人は市販薬の「H2ブロッカー」でも症状が改善する可能性がある。しかし、それで治らない人は、消化器内科で、昼夜を問わず胃酸の逆流を抑える「プロトンポンプ阻害薬」を処方してもらうといい。

 受診先は消化器内科へ。

こんな生活は胃酸を逆流させる、炎症も起きやすくなる
N G・食べてすぐに横になる
・辛いものの食べすぎ
・補正下着やベルトなどで体を締め付ける
・食べすぎ 飲みすぎ

 規則正しい生活と腹八分目の食事が基本。30~50代の女性は、食道の炎症がないのに逆流症状が出る場合が多く、そういった人は、生活習慣を見直すだけで症状が解消しやすい。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.