日経グッデイ

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

睡眠を妨げる5つの病気の最新対策 【前編】

昼間の眠気、就寝前の体の不快感は病気のせいかも?!

不快感で寝付けなかったり夜中に目が覚めたり、睡眠時間はとっているのに日中眠くて仕方ない─。あなたの眠りが“悪い”のは病気のせいかもしれません。その見分け方と対処法、最新の治療法を2回にわたって紹介します。

1.日中に強い眠気に襲われる 睡眠時無呼吸症候群(SAS)

黄体ホルモンの減少も影響 下あごの細い人、太った人がなりやすい

 「夜中、息が止まっていることがあるよ」。家族などにこんな指摘をされたことのある人は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の恐れが。肥満の男性の病気と思われがちだが、実は、気道のハリを保っている黄体ホルモンが出なくなる閉経後は女性でも増える。

こんな症状があることも
[画像のクリックで拡大表示]

 「30~40代の女性でも、下あごが小さい人が急に太ったりするとなりやすい。SASかどうかは、1日入院して睡眠中の脳波や呼吸の状態を調べる睡眠検査を受ければ、診断できる」と話すのは、日本大学医学部精神医学系の内山真主任教授だ。

 口と鼻からの気流(空気の流れ)が10秒以上止まる「無呼吸」か、気流が低下する「低呼吸」が1時間当たり5回以上あったときにはSASと診断される。

SASは脳血管障害のリスクを高める

 無呼吸になっているときには、あごやのどの脂肪などで気道が塞がれる(下図)。苦しくなると、無意識に脳が目覚めて、緩んだのどの筋肉を起きているのと同じ状態に戻して気道を回復する

 そのため「SASの人は一晩中、眠りが浅い状態になり、日中の強い眠気で気づく場合が少なくない。夫のほうが先に眠ってしまう家庭などでは、妻の“無呼吸”は気づかれにくい。睡眠時無呼吸が続くと脳血管障害や心筋梗塞、不整脈のリスクが高まるので要注意だ」と内山主任教授は強調する。

[画像のクリックで拡大表示]

鼻マスクで「気道の確保」太っている人はやせること

<対 策>

 治療の第一選択は、睡眠時に鼻から空気を送り込み、気道が塞がるのを防ぐ鼻マスク「CPAP(シーパップ)」の着用だ。きちんと呼吸ができるので無意識に脳が目覚めてしまうことがなくなり、熟睡できる。

 「CPAPを着けて寝るのは大変だと思うかもしれないが、使用後、久しぶりに熟睡できたと喜ぶ人が多い。睡眠時無呼吸が解消すれば心筋梗塞など命にかかわる病気を減らす効果もある」と内山主任教授。

[画像のクリックで拡大表示]

 また、軽症の人は、寝るときに、のどがふさがらないようにするマウスピース(口腔内装置)を着用する方法もあるという。

 肥満が睡眠時無呼吸の原因になっている人は、体重を落とすことも大切だ。軽症なら、肥満を解消しただけで無呼吸になる回数が減り、いびきも減る。

 受診は、睡眠外来や呼吸器内科、心療内科。

妊婦も要注意。
赤ちゃんの発育不全の予防にCPAPの検討は有効

妊娠中に急に太った人は、睡眠時無呼吸症候群になっていないか要チェック。もしそうなら、胎児に酸素が行きにくくなり、発育に悪影響を与える危険性が高いからだ。「妊娠中に大きないびきと無呼吸が続くようなら、産婦人科医に相談してCPAPの着用の検討を」(内山主任教授)。

2.横になるとじっとしていられない。女性に発症が多い、むずむず脚症候群。

不快感を抑える ドーパミン不足が原因

 「安静にすると脚に不快感を覚え、脚を動かさずにいられないので眠りにつけない」──。まさか病気とは思わない人が多いだろうが、心当たりのある人は、「むずむず脚症候群」という睡眠障害かもしれない。

 日本では成人人口の1~3%程度患者がいると考えられている。中でも女性に多く、特に妊娠中は5人に1人が発症するという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 「症状は多様(上図)だが、むずむずするというより、脚がほてったりピリピリと嫌な感じがして、たたいたり歩き回ったりすると楽になる。夏に冷たい板の間で寝たくなる人や布団から膝の下を出して寝ている人は可能性がある。奇妙な病名だが、安静にした途端、脚が不快で眠れないのだから、重症の人にとっては深刻」と内山主任教授。

 原因は、筋肉の異常な感覚を抑える神経伝達物質「ドーパミン」の作用が不十分になるため。不快症状は脚を中心に出る。

 「ドーパミンの量と働きが低下すると、脚を動かすことでしか不快感が抑えられなくなる。ドーパミンの産出に必要な鉄分の不足が原因になっていることもある」と内山主任教授。


寝る前の酒、コーヒーは× ドーパミン作動薬が効果的

<対 策>

 不快感を和らげるには、保冷剤や保冷寝具で脚を冷やして寝ると効果的。ただし、脚が不快で眠れないからといって、単に睡眠薬をのんでも解決にはならない。

「冷やして寝られる人はそれでOKだが、症状がひどい人は『ドーパミン作動薬』という薬による治療が必要。この薬でドーパミン低下の原因自体が取り除かれるわけではないので、一般的には薬をのみ続ける必要があるが、鉄分の不足でドーパミンが減ってしまった人は、鉄剤を2~3カ月服用しただけで治る場合もある。ただし、鉄分の多い食品を多くとったくらいでは、病気を治すには不十分」と内山主任教授は話す。

 アルコール、カフェイン飲料、タバコは筋肉の不快感を促進するので、寝る前の摂取は控えたほうがよいそうだ。

 受診は、睡眠外来や神経内科。

ずっと足がぴくぴく…そんな人は 「周期性四肢運動障害」を併発している可能性も
  • 家人に、「寝ている間、脚を曲げ伸ばししている」といわれる。
  • 階段を踏み外したような感覚がある。
  • 足がぴくついて夜中に目が覚める。

このような体験や症状の自覚がある人は、「周期性四肢運動障害」の可能性がある。これは、眠っている間に脚がぴくぴくしたり、脚を曲げ伸ばししたりする動作が、周期的に繰り返される状態で、むずむず脚症候群の人の8割がこの病気を併発しているとされる。本人に自覚はなくても、脚を動かすたびに脳が覚醒して眠りが浅くなるため、熟睡できず、昼間に強い眠気を感じる人が多い。治療はやはり、ドーパミン作動薬が有効のほか、抗てんかん薬が使われることも多い。


(取材・文:福島安紀/イラスト(イメージ):小迎裕美子/イラスト(解説図):三弓素青)

(次回、「寝汗」や「悪夢」などで眠りが妨げられる病気と対策を紹介します)

内山 真さん
日本大学医学部 精神医学系 主任教授
内山 真さん 1980年東北大学医学部卒。国立精神・神経センター精神生理部部長などを経て06年から現職。日大医学部附属板橋病院精神神経科部長。著書に『睡眠障害の対応と治療ガイドライン』など。
本郷道夫さん
国立黒川病院管理者 東北大学名誉教授
本郷道夫さん 1973年東北大学医学部卒。同大心療内科助教授などを経て96年同大総合診療部教授。12年より現職。GERD(胃食道逆流症)研究会会長。著書に『逆流性食道炎-病態・診断・治療-』など。

(出典:日経ヘルス2012年12月号)