日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術  > 睡眠を妨げる5つの病気の最新対策 【前編】  > 2ページ
印刷

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

睡眠を妨げる5つの病気の最新対策 【前編】

昼間の眠気、就寝前の体の不快感は病気のせいかも?!

2.横になるとじっとしていられない。女性に発症が多い、むずむず脚症候群。

不快感を抑える ドーパミン不足が原因

 「安静にすると脚に不快感を覚え、脚を動かさずにいられないので眠りにつけない」──。まさか病気とは思わない人が多いだろうが、心当たりのある人は、「むずむず脚症候群」という睡眠障害かもしれない。

 日本では成人人口の1~3%程度患者がいると考えられている。中でも女性に多く、特に妊娠中は5人に1人が発症するという。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 「症状は多様(上図)だが、むずむずするというより、脚がほてったりピリピリと嫌な感じがして、たたいたり歩き回ったりすると楽になる。夏に冷たい板の間で寝たくなる人や布団から膝の下を出して寝ている人は可能性がある。奇妙な病名だが、安静にした途端、脚が不快で眠れないのだから、重症の人にとっては深刻」と内山主任教授。

 原因は、筋肉の異常な感覚を抑える神経伝達物質「ドーパミン」の作用が不十分になるため。不快症状は脚を中心に出る。

 「ドーパミンの量と働きが低下すると、脚を動かすことでしか不快感が抑えられなくなる。ドーパミンの産出に必要な鉄分の不足が原因になっていることもある」と内山主任教授。


寝る前の酒、コーヒーは× ドーパミン作動薬が効果的

<対 策>

 不快感を和らげるには、保冷剤や保冷寝具で脚を冷やして寝ると効果的。ただし、脚が不快で眠れないからといって、単に睡眠薬をのんでも解決にはならない。

「冷やして寝られる人はそれでOKだが、症状がひどい人は『ドーパミン作動薬』という薬による治療が必要。この薬でドーパミン低下の原因自体が取り除かれるわけではないので、一般的には薬をのみ続ける必要があるが、鉄分の不足でドーパミンが減ってしまった人は、鉄剤を2~3カ月服用しただけで治る場合もある。ただし、鉄分の多い食品を多くとったくらいでは、病気を治すには不十分」と内山主任教授は話す。

 アルコール、カフェイン飲料、タバコは筋肉の不快感を促進するので、寝る前の摂取は控えたほうがよいそうだ。

 受診は、睡眠外来や神経内科。

ずっと足がぴくぴく…そんな人は 「周期性四肢運動障害」を併発している可能性も
  • 家人に、「寝ている間、脚を曲げ伸ばししている」といわれる。
  • 階段を踏み外したような感覚がある。
  • 足がぴくついて夜中に目が覚める。

このような体験や症状の自覚がある人は、「周期性四肢運動障害」の可能性がある。これは、眠っている間に脚がぴくぴくしたり、脚を曲げ伸ばししたりする動作が、周期的に繰り返される状態で、むずむず脚症候群の人の8割がこの病気を併発しているとされる。本人に自覚はなくても、脚を動かすたびに脳が覚醒して眠りが浅くなるため、熟睡できず、昼間に強い眠気を感じる人が多い。治療はやはり、ドーパミン作動薬が有効のほか、抗てんかん薬が使われることも多い。


(取材・文:福島安紀/イラスト(イメージ):小迎裕美子/イラスト(解説図):三弓素青)

(次回、「寝汗」や「悪夢」などで眠りが妨げられる病気と対策を紹介します)

内山 真さん
日本大学医学部 精神医学系 主任教授
内山 真さん 1980年東北大学医学部卒。国立精神・神経センター精神生理部部長などを経て06年から現職。日大医学部附属板橋病院精神神経科部長。著書に『睡眠障害の対応と治療ガイドライン』など。
本郷道夫さん
国立黒川病院管理者 東北大学名誉教授
本郷道夫さん 1973年東北大学医学部卒。同大心療内科助教授などを経て96年同大総合診療部教授。12年より現職。GERD(胃食道逆流症)研究会会長。著書に『逆流性食道炎-病態・診断・治療-』など。

(出典:日経ヘルス2012年12月号)

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.