日経Gooday TOP  > からだケア  > ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術  > 入眠後3時間の深い眠りで 体も心も回復!肌にもいい!  > 3ページ目

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

入眠後3時間の深い眠りで 体も心も回復!肌にもいい!

脳を休める「徐波睡眠(じょはすいみん)」が熟睡のカギだった。

4.免疫が上がり 病気になりにくく!

 睡眠中は副交感神経が働くことで血を全身に行き渡らせ、細胞を修復する。このとき、免疫細胞である「ヘルパーT細胞」や「NK細胞」の働きが活性して、免疫力が高まるとされる。最近の米国の研究では、睡眠時間が6時間未満の人にB型肝炎ワクチンを投与したところ、睡眠時間が6時間以上の人に比べて、ワクチンの有効性が11.5倍低くなることがわかった。

5.頭がスッキリ 気持ちも前向きに

 3時間や4時間といった短時間睡眠では、深い眠りばかりか、浅い眠りにも影響が大。「記憶や感情の整理ができないうえに、仕事のミスなどのエラーを増やす原因になる。どんなに短くても4.5時間以上は睡眠を確保してほしい」(遠藤院長)。

6.潤いとツヤ、ハリがある 美肌を保てる

 睡眠のリズムが崩れると、肌のリズムも乱れることがわかっている。資生堂の実験では、深夜5分間隔で睡眠を中断する実験をしたところ、実験直後から「皮脂量低下」「水分保持量低下」が起こった。1週間後には乾燥が気になる状態になり、肌のリズムが乱れることが明らかに。

7.酸化を防いで アンチエイジングに

 質の高い眠りが、人間の心や体を無理なく再生するのは、ここまで説明した通り。つまり、満足な眠りを手に入れることは、アンチエイジングにもつながる。「6.5時間から7.5時間の睡眠帯が最も長寿だという報告があります」(遠藤院長)。

[画像のクリックで拡大表示]

 もしも、これまでに紹介してきた睡眠の質を上げる方法を実践しても、あまり効果が実感できなければ…。次回からは、睡眠を妨げる5つの病気とその最新対策について取り上げていく。


(写真:岡﨑健志/取材・文:村上富美)

内田 直さん
早稲田大学スポーツ科学 学術院 教授 医学博士
内田 直さん 1983年滋賀医科大学卒業。現在、「あべクリニック」(東京都荒川区)でカウンセリングも行う。「交感神経はそもそも頭と体を同時に動かすときに働くものだが、現代では頭ばかりを使う生活でバランスを崩しやすい。体側の自律神経を調えるためには運動が大切」
遠藤拓郎さん
スリープクリニック調布 院長
遠藤拓郎さん 1987年東京慈恵会医科大学卒業。睡眠トラブルの治療を数多く手がけ、テレビ雑誌などでも活躍。近著『朝5時半起きの習慣で、人生はうまくいく!』(フォレスト出版)のタイトルどおり、自身は午前1時就寝~5時半起床の4時間半睡眠を実践する。
三島和夫さん
国立精神・神経医療センター 精神保健研究所 精神生理研究部 部長
三島和夫さん 1987年秋田大学医学部卒業。同大学助教授などを経て現職。睡眠障害の治療・研究に当たる。「日本の女性、特に仕事を持つ女性は睡眠時間が短い。夜型で寝付きが悪い人は起床後6時間は日光を浴び、午後からは、強い光を避けるよう心がけましょう」

(出典:日経ヘルス2012年12月号)

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.