日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術  > 深く眠って疲れ知らずの体に
印刷

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

深く眠って疲れ知らずの体に

眠りは体に備わるアンチエイジング機能

睡眠時間が短い、眠っても疲れが取れない…。現代人の多くが睡眠の量や質に問題を感じています。睡眠は体と心を休ませ、元気を回復させる時間。でも、忙しいと、つい、睡眠を削りがち。そうでなくても眠りの質は年齢とともに、悪くなるのです! 今夜からできる対策で、ぐっすり眠り、すっきり目覚める快眠生活を手に入れましょう。

「疲れ」「ストレス」の解消に深い眠りが大切なわけ

 仕事や家事で日々忙しいうえに、メールやパソコン、テレビ、音楽といった趣味を楽しむなど、リラックスの時間を確保するために、睡眠時間を削ってしまうことは多い。しかし、「睡眠が6時間未満だと、明らかに昼間の仕事の効率が落ちる。その結果、労働時間がかえって長くなったり、仕事への意欲も低下したり、と昼間の活動の質も悪くなります」と早稲田大学スポーツ科学学術院の内田直教授は指摘する。

長い時間たっぷり寝れば、体が元気になると思いがちだが、年齢とともに睡眠時間は短く、浅くなる傾向がある。こうした加齢変化を踏まえて、睡眠の「量」ではなく、「質」にも目を向けることが大切。(写真:©Nonwarit Pruetisirirot/123rf)

 「睡眠には、体を休ませるだけでなく、体の細胞の再生や、ストレスに備える働きもある」と話すのは、スリープクリニック調布の遠藤拓郎院長。「例えば激しい運動をすると、筋肉の細胞が壊れるが、眠っている間に分泌される成長ホルモンによって修復、再生されます。また明け方には、コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンが分泌され、目覚めを迎える準備が整う。だから質のいい眠りが必要なのです」(遠藤院長)。

 つまり、眠りは人の体にそもそも備わるアンチエイジング機能の役割を果たしているわけだ。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.