日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 体の滞りと心の凝りをとる ヨガ式自然呼吸ストレッチ  > 全身を満遍なく動かして深い呼吸になる 呼吸体操
印刷

体の滞りと心の凝りをとる ヨガ式自然呼吸ストレッチ

全身を満遍なく動かして深い呼吸になる 呼吸体操

STEP1 呼吸筋をほぐす 後編

 呼吸というと、鼻と口、それに胸くらいしか関係ないと思っている人もいるかもしれないが、「呼吸にかかわる筋肉は、体全体にある」と、龍村ヨガ研究所所長の龍村修さん。背中や肩、腰やお腹まわりなど、一見、呼吸と関係ないように思える部分が凝っていても、呼吸は浅くなってしまう。体を動かすことの少ない現代人の体は、体のあちこちが凝っていて、深い呼吸を邪魔しているのだ。

 そこで、全身をほぐして深い呼吸ができる体になるために、前回の呼吸ストレッチに続いて、呼吸体操をやってみよう。呼吸に合わせて、腕を「内ねじり」「外ねじり」と、交互にねじるのが特徴。吐くときが「内ねじり」、吸うときが「外ねじり」だ。

 前後の呼吸体操は胸郭を、左右の呼吸体操では、脇腹をしっかり伸ばす。「脇腹にある肋間筋も、胸郭を広げる大切な筋肉」と、龍村さん。最後に、体を大きくねじり、体の深部で眠っている筋肉をほぐす。すべてを終えたら、ゆっくり呼吸してみて。呼吸がぐっと深くなっているのがわかるはずだ。

メソッド4 脇腹をしっかりストレッチ 左右の呼吸体操

 日常の動作の中で脇腹を動かすことは少ない。すると、呼吸の上で大事な役割を持つ肋骨と肋骨の間にある筋肉の肋間筋(ろっかんきん)が凝ってしまう。この呼吸体操でしっかりストレッチ。

(1)腕を大きく広げて、胸いっぱいに息を吸う
足を軽く広げて立ち、両腕を大きく広げる。手のひらを上に向け(外ねじり)、胸を開く。全身に空気が行き渡るように鼻から息を吸う。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)息を吐きながら体を倒し、脇腹をしっかり伸ばす
両腕を内側にねじりながら、体を左に曲げる。左手を下に、右手は脇に沿わせる。体が前に倒れないように。左右交互にゆっくり3回ほど。
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.