日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 体の滞りと心の凝りをとる ヨガ式自然呼吸ストレッチ  > 胸と肩甲骨をほぐす 座ってできる呼吸ストレッチ
印刷

体の滞りと心の凝りをとる ヨガ式自然呼吸ストレッチ

胸と肩甲骨をほぐす 座ってできる呼吸ストレッチ

STEP1 呼吸筋をほぐす 前編

人が生きていくために必ず行うのが呼吸。
中でも、深い呼吸は、代謝を上げ、緊張をほぐし、自律神経を整えます。
ところが、凝りやストレスで呼吸が浅くなっている人が増えています。
そこで始めたいのが「ヨガ式自然呼吸ストレッチ」。
呼吸をゆったり深くして、体と心に本来の力を取り戻しましょう。

 デスクワークに集中していると、知らないうちに体が前のめりになって、つい、息を詰めていることがあるのでは?

 「昔から、“呼吸力は生命力”といわれてきた。深い呼吸は、心身を健康に保つうえで、一番の基本」と、龍村ヨガ研究所所長の龍村修さんはいう。

 「呼吸が深い」というのは、呼吸をするときに胸やお腹がよく動き、たくさんの筋肉が伸縮する状態だ。これだけで血液の巡りが良くなって代謝が上がり、冷えやむくみを防ぐ。内臓の働きも活性化する。また、息をしっかり吐くことで自律神経の興奮がおさまり、緊張がほぐれる。いつも当たり前にやっているので改めてそのありがたみを考えることなどめったにないと思うけれど、実は呼吸は、常に全身をやさしく揺らす“体の中のマッサージ屋さん”なのだ。

 だが体が緊張すると筋肉が凝って、呼吸が浅くなってしまう。呼吸を深くするには、まず、呼吸するときに大きく動く、胸と肩甲骨まわりの筋肉をほぐしたい。そこで、オフィスでも座ったままできる3種類の呼吸ストレッチを紹介しよう。

 「これらを一通り行うだけでも、呼吸が格段に深くなる」と、龍村さん。筋肉がよく動いて血行も良くなるので、肩こりや疲れ目も解消する。ゆっくりやってもそれぞれ1分ほど。仕事中に、疲れたと感じたときにやってみると、心も体も軽くなるのがわかるはず。

メソッド1 肩こりもスッキリ解消する、肩甲骨呼吸ストレッチ

 デスクワークが長くなり、肩甲骨が凝ってしまうと、胸が十分に広がらず、呼吸が浅くなってしまう。こまめに肩甲骨をほぐせば、肩こりも解消し、疲れにくくなる。

(1)両手を後ろに組んで、息を吸う
いすに浅く腰かけ、体の後ろで両手を組む。軽くあごを引き、肩の力を抜いた姿勢で、ゆっくりと鼻から息を吸う。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)腕を後ろに引きながら、息を吐く
腕を後ろに引きながら胸を大きく反らして左右の肩甲骨を寄せ、口から息を吐く。吐ききったら、再びゆるめる。これを3~5回ほど繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

メソッド2 背中の凝りがきれいに取れる 腕伸ばし呼吸ストレッチ

 いつも背中を丸めていると、背中の筋肉が凝って、肋骨(ろっこつ)の間の筋肉や肩甲骨まわりも動きにくくなってしまう。そこで、腕を伸ばして背中をストレッチすることで、ほぐしていこう。ゆっくり、じっくりと気持ち良さを味わって。

(1)背中を伸ばして呼吸を深く吐く
両手を前に組み、手のひらを前に向けた状態で、腕を前に伸ばして背中を丸める。胸の空気をすべて吐きだすように口から息を吐く。
[画像のクリックで拡大表示]
(2)腕をゆるめてリラックスして息を吸う
腕をゆるめて姿勢を戻し、ゆっくりと鼻から息を吸う。背中や肋骨、肩甲骨の動きがスムーズになっているはず。3~5回ほど繰り返す。
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.