日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 朝夜3分 ヨガ式脱力ストレッチで体と心の凝りほぐし  > イライラも、モヤモヤも、3分でリセット!
印刷

朝夜3分 ヨガ式脱力ストレッチで体と心の凝りほぐし

イライラも、モヤモヤも、3分でリセット!

「脱力ストレッチ」で体の余分な力を抜く

思い切りリラックスしたいのに、どこか体や心がこわばって、十分に休めない……。 その理由は、毎日のデスクワークで首や肩、頭など一部分を酷使することによる「偏り疲労」が原因かもしれません。 そんな人は、体の余分な力が抜ける「脱力ストレッチ」でリラックス!

「伸ばす」「抜く」のステップで、こわばった全身の力を緩める

 休日なのに体のだるさが抜けなかったり、気分がモヤモヤして休んだ気がしない―。

 「それは現代人が、パソコンや携帯電話の使用で、目や首、肩など、体の特定のパーツだけが過労気味だから。体の一部ばかり酷使する“偏り疲労”は、運動など全身を動かすことによる疲れに比べて取れにくいのです」というのは、龍村ヨガ研究所の龍村修さん。

 例えば、仕事中はパソコン画面とにらめっこ。しかも使うのは頭と腕、指先ばかり。こんな生活習慣がいつしか余分な力みや緊張を与え、体と心の凝りにつながるという。

 そこで、現代人の“偏り疲労”の解消に第一に必要なのが、「脱力」だ。「脱力するといっても、体の一部分に力みがあると難しい。まずは全身に力をギューッと入れてから抜くことで、脱力のコツを体で覚えることが大切です」(龍村さん)。

 まずは、ここで紹介する「基本の脱力ストレッチ」から始めよう。思いのほか難しければ、それだけ体に力みがある証拠だ。



[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.