日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 「絶対に成果が出るウォーキング」はここが違う!  > 3ページ目
印刷

Gooday 通信

「絶対に成果が出るウォーキング」はここが違う!

カギは「歩数」や「時間」ではなく「運動強度」だった

 日経Gooday編集部

◆カルボーネン法による『目標心拍数』の計算式
目標心拍数=(最大心拍数〔220-年齢〕-安静時心拍数)×目標運動強度(%)+安静時心拍数

 持久力向上と脂肪燃焼を目的とする場合、「目標運動強度」は、60~80%に設定します。仮に50歳で、安静時心拍数が80回/分の人が、運動強度が60%のウォーキングをしたいと思ったら、目標心拍数は(220-50-80)×0.6+80=134となります。同じ年齢でも安静時心拍数が低く、60回/分の人であれば、126を目指して歩きましょう。

 「脈を数えるなんて面倒だ、と感じている人も、一度は目標心拍数を計算して、その範囲を維持するように歩いてみてください。『今までのウォーキングでは全然運動強度が足りていなかった!』ということが実感でき、意識改革につながるはずです」(中野さん)

 「目標心拍数」についてのより詳しい解説と、便利な自動計算機能を利用したい方は、以下の記事をご覧ください。

◆ウォーキングで脂肪燃焼を狙うなら、一度は「心拍数」を測るべし!

楽に感じられるようになったら、さらに運動強度を上げよう

楽に感じられるようになったら、レベルアップしていこう。(C)maridav-123rf

 「歩幅を広くとれる」「運動強度を目標心拍数の範囲に入れられる」ウォーキングができるようになると、普段の生活の中で「体が軽く感じるようになった」、「体脂肪が減った」など、運動前と比べて体が変化してきたことを実感できるはず。そうなったら、さらなる工夫で運動強度を上げていきましょう。

 何も運動をしていない状態からウォーキングを始めると、最初の頃は散歩程度のゆっくりした歩き方でも体の変化が感じられます。ところが、最初の刺激が楽に感じられるようになってもなお、同じレベルの刺激を与え続けていても、それ以上に体力は向上しません。運動としてウォーキングに取り組むのであれば、体力レベルが上がるにしたがって落ちてくる心拍数を、目標心拍数に入り続けるように運動の負荷を上げていく必要があるのです。そのためには、同じコースでスピードを上げ、「歩く時間」を短くすることが手っ取り早い方法です。

 「コツは、“少しだけ頑張れば達成できそうな目標”を設定することです。急に30秒や1分短縮しようと考えなくてもいいので、10秒でも20秒でも縮めた時点で心拍数を図り、そこで目標心拍数に達しているかどうかをチェックしていけばいいのです」(中野さん)。

 ウォーキングの負荷を上げる工夫や、自分のウォーキングの実力をチェックする方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

◆運動としてのウォーキングは「楽になったら負荷を上げる」が鉄則!

 同じ距離を短い時間で歩けるようになったら、ようやく「距離」「時間」が意味を持ってきます。具体的には、レベル別のコースを「3つ」用意してステップアップする「インターバルウォーキング」を取り入れてさらに距離を延ばす、などの方法があります。

 これらの工夫については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

◆ウォーキングをレベルアップするカギはコース選びにあり!

◆運動強度を高める切り札は「インターバルウォーキング」

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.