日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5  > 4ページ

Gooday 通信

正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5

編集部厳選! すぐに試せるダイエット術

 日経Gooday編集部

メタボの人は「半年で2kg」の緩い減量を!

半年で2kgの“ゆるい減量”で異常値は確実に下がる!

 読者の中には、昨年の健康診断で「メタボ」と診断された人も少なからずいるでしょう。メタボの原因は「内臓脂肪の蓄積」です。たまった内臓脂肪から脂肪が放出され、脂質異常を起こし、さらに、内臓脂肪が産生するアディポサイトカインの分泌異常が起こり、血糖値が上昇し、血圧が上昇して、動脈硬化の危険が高まるわけです。

 その対策は、「内臓脂肪を減らす」ことに尽きます。結核予防会 総合健診推進センター所長で東京医科歯科大学臨床教授の宮崎滋先生は、「誤解されている人も多いのですが、内臓脂肪は、皮下脂肪より減らすことは容易です。多くの人は、やせれば内臓脂肪が減ります」と話します。

 では、その具体的な対策ですが、大幅な減量は不要で、むしろ時間をかけて“ゆるく減量”することが大事だと宮崎先生は話します。「メタボの改善には、まず『3~6カ月で体重の3%の減量』で十分です。それだけで内臓脂肪は減少します」(宮崎先生)。3%といえば、体重60kgの人なら1.8kg、80kgなら2.4kgだ。これを、3カ月から半年かけて減らせばいいわけです。

体重を減らす効果は、運動よりも食事のほうが高い。ウォーキングで1時間歩くのに使うエネルギー(カロリー)より、菓子パン1個のエネルギーの方が大きい

 減量の基本となるのが「食事と運動」になるわけですが、宮崎先生は、まずは「食事から着手すべき」と断言します。「体重を減らす効果は、運動よりも食事のほうが高い。1時間歩いてやせようとするよりも、菓子パン1個を我慢するほうが、実行しやすく効果も高いのです」」(宮崎先生)。確かに、「運動時間を1時間を確保するのは大変だけど、間食のパンならなんとか我慢できる」というビジネスパーソンは多いでしょう。まずはここから日々心がけましょう。

先頭へ

前へ

4/4 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.