日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5
印刷

Gooday 通信

正月太りよさらば! 今すぐ始めるダイエット Best5

編集部厳選! すぐに試せるダイエット術

 日経Gooday編集部

年末は、「控えなければ…」と思っていても、ついつい食べ過ぎてしまいます。このままでは「メタボまっしぐら」です。(イラスト:Akiko Takagi)
年末は、「控えなければ…」と思っていても、ついつい食べ過ぎてしまいます。このままでは「メタボまっしぐら」です。(イラスト:Akiko Takagi)

 12月から1月にかけては、年間でも最も食べる時期ではないでしょうか。12月は忘年会が続いたかと思うと、年末年始には「おせち」をはじめとした“ごちそう”が並びます。新年の挨拶に伺えば、そこでもまた“ごちそう”…。

 「控えなければ」とわかっていても、ついつい食べ過ぎてしまいます。今も、ベルトがきつい、胃が重い、体重計に乗りたくない…そんな方も多いのではないでしょうか。しかも、仕事始め以降は、新年会なども控えています。このままの生活を続けていると「メタボまっしぐら」――

 そこで今回は、これまで日経Goodayが紹介してきたダイエット術を厳選して紹介します! 紹介するダイエット術はいずれも、すぐに試せて効果が見込めるものばかりです。自分に合うものを試してみてください。

食べ過ぎを抑えて、代謝を上げる食べ方とは?

「食べたいけど、太りたくない」 そんな人のための5つの食べ方

食事の前にヨーグルト、これで血糖値の急上昇や食べ過ぎを防げます。(c)diamant24 -123rf
食事の前にヨーグルト、これで血糖値の急上昇や食べ過ぎを防げます。(c)diamant24 -123rf

 最初に、大人のダイエット研究所代表で管理栄養士の岸村康代さんがお勧めする「食べ過ぎを抑え、代謝を上げる、5つの食べ方」をご紹介しましょう。

 まず試していただきたいのが「ヨーグルトファースト」。太りにくい食事の基本は食べ過ぎないことですが、食事をとる順番にも注意が必要です。空腹状態で大量の糖質をとると血糖値が急上昇して、太りやすくなるのです。この対策として有名なのがベジタブルファースト(野菜や海藻を先に食べる)ですが、岸村さんがベジタブルファーストのほかに特にお勧めするのが、ヨーグルトを食事に出かける前にあらかじめ食べておく食べ方です。

 食前にヨーグルトをとることで、野菜を食べるのと同じように食後血糖値の上昇が抑えられるほか、満腹感が得られて自然と食べ過ぎ防止にもなるそうです。

 次に紹介するのが、食物繊維をプラスする方法です。不溶性の食物繊維は、おなかの中で膨れやすく、満腹感を得やすいという特徴があります。食物繊維は野菜からもとれますが、岸村さんがお勧めするのは、おからを乾燥させた『おからパウダー』で満腹感をアップする方法です。

 太らない体作りのためには、運動をしてエネルギー消費量を上げることも大切ですが、実は、食べることでもエネルギー消費量を上げることができます。食事による熱産生量は、食事でとる栄養素に左右され、たんぱく質をとることで熱産生量を上げることができるのだそうです。糖質や脂質をエネルギーに変えるためにはビタミンB群が必要なので、ビタミンB群も併せてとりましょう。

 このほか、深夜に食事を食べるのを避けるたくさん食べた翌日は、エネルギーが少ない野菜中心の食事にして、早めのカロリーコントロールを心がけることも大切です。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.