深部体温は入浴で一時的に上がり、その後に急降下する

入浴によって深部体温を一時的に上げると、入浴後、温まった皮膚からの放熱が盛んになって、体温ががくんと下がる。これが寝つきの良さと深い睡眠につながる。一方、入浴なしの場合は体温低下がなだらかで、床に就いてもまだ深部体温が高いまま。このため、入浴ありに比べ、入眠が遅れ、睡眠も浅くなる。なお、グラフの体温は目安であり、個人差がある。(小林さんの資料をもとに編集部で作成)

記事に戻る