日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > あなたの今年の「健康の計」は?
印刷

Gooday 通信

あなたの今年の「健康の計」は?

 米田勝一=日経Gooday編集長

 新年あけましておめでとうございます。

 「1年の計は元旦にあり」と申しますが、皆さんの今年の「健康の計」は、どのようなものでしょうか?読者のみなさまへの年賀状として、コラムや連載にご協力いただいている「日経Goodayサポーター」の方々から預かったメッセージをお届けします。

 日経Goodayは今年も、サポーターの方々の支援をいただきながら、「カラダにいいこと、毎日プラス」をモットーに、これまで以上にコンテンツ・機能の充実を図っていく予定です。2015年も、日経Goodayをよろしくお願いいたします。

「日経Goodayサポーター」の方々からのメッセージ

草野 仁さん

今年の抱負
「有酸素運動、特にウォーキングをしっかり習慣にして内臓脂肪を落とし、体力をつけることです」

読者の皆さんへ
「担当しているコラムでは、誰でも簡単にできる健康情報や方法をご紹介していきますので、共に元気に過ごしましょう」

コラム:草野 仁の「苔(コケ)ない男」

石原 良純さん

今年の抱負
「今年はまずは、三月十五日の横浜マラソンで自己ベスト更新を目指します。サブ4(四時間切り)なんて公言はしませんよ」

読者の皆さんへ
「踊る阿呆に、見る阿呆……、と歌にもあるように富士登山とフルマラソンは一度参加する価値があるかも」

コラム:石原良純の「日々是好転!ときどきカラダ予報」

有森 裕子さん

今年の抱負
「最近は日常的な運動を案外やっていなかったなぁ。でも今年は走る仕事が増えそうだから、階段登りやウォーキングから、トレーニングを再開しようと決意しています。仲間に誘われているゴルフやトライアスロンにも挑戦するゾ!」

読者の皆さんへ
「スポーツは楽しさを感じながらやることが継続につながります。ランニングならウエアのオシャレを楽しんだり、仲間を増やしたり。あとは旅先で走るのもいいですね。フォームの力みも取れるので、笑顔で走るということも大事なんですよ!」

コラム:有森裕子の「Coolランニング」

観月 ありささん

今年の抱負
「2015年は体力作りのためにもまずは意識して歩く事から実行していきたいと思っています」

読者の皆さんへ
「自分のペースで継続することが目標達成への近道だと思うので、頑張ってください!」

コラム:観月ありさの「大人の美女メンテ!」

立川 らく朝さん

今年の抱負
「その壱『二日酔いしない』
その弍『どか食いしない』
その参『エスカレーターを使わずに階段を上る』
うーん、分かっちゃいるけどね」

読者の皆さんへ
「禁煙やら減量やら、“今年こそ”と毎年毎年同じことを決心しているあなた。意志が弱いんじゃなくて、粘り強いんですよ。希望を持ってね」

コラム:Dr.らく朝の「わかっちゃいるけど・・・」

金 哲彦さん(プロ・ランニングコーチ)

今年の抱負
「2015年は50代でフルマラソンの記録へチャレンジをしたいと考えています。そのため、これまでとは違ったアプローチをしなければなりません。筋力強化、疲労回復、食事の3つで新たな取り組みをするつもりです」

読者の皆さんへ
「健康は幸せな人生に欠かせないものです。受け身ではなく積極的に取り組んでいきましょう!」

連載:金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!

真鍋 未央さん(ランニングアドバイザー)

今年の抱負
「2015年も自分らしさを忘れず、向上心をもって日々成長したいです。そして、新しいスポーツ(何かはまだ模索中…笑)にも挑戦したいと考えています」

読者の皆さんへ
「ランニングを始めようと思っている、またはランニングに取り組んでいる皆さん。まずは、一歩を踏み出してみてください。レベルに関係なく、ランニングや身体を動かすことによって、新たな自分と出会えると思いますよっ♪」

監修企画:走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

山口 信吾さん(ゴルフ作家)

今年の抱負
「インターバル速歩1日1万歩と月2回の登山(標高478m)で下半身と心肺機能の強化する」

読者の皆さんへ
「今ゴルフを続けている皆さんは、ゴルフ人生をまっとうしましょう。死ぬまでゴルフ!」

監修企画:月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!

高橋 雄介さん(中央大学水泳部監督)

今年の抱負
「スポーツの仕事に就く立場として、水泳だけでなくジョギングやウェイトトレーニングで体を鍛えています。最近はなかなか時間が取れなくなってきましたが、1日1000回の腹筋や背筋の運動を維持して、今年はできれば週3回、7~10kmのジョギングを欠かさず続けたいですね。水泳は僕にとっては、水の中で体をほぐす憩いの場なんですよ」

読者の皆さんへ
「水泳の初心者にとって、まずは呼吸がとにかく大事です。監修企画で紹介した『パッ』『ハー』『ウン』の口呼吸を正確にできるように練習を重ねてください。口呼吸がきちんとできれば、人は誰でも苦しまず楽に泳げるようになりますよ!」

監修企画:50歳直前ペーパースイマー、100m「美メドレー」への道

絹代さん(サイクルライフナビゲーター)

今年の抱負
「スマートに自転車に乗れるかっこいい女性ライダーになりたいです!」

読者の皆さんへ
「2015年はぜひ、自転車を楽しんで、楽しさや感動、達成感を味わってください。身体も心の健康もおまけに付いて来るはずです!」

監修企画:ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.