日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 【発表】2014 Goodayアクセスランキング top20
印刷

Gooday 通信

【発表】2014 Goodayアクセスランキング top20

1位はみんなが知りたいあのテーマ

 日経Gooday編集部

1位 ◆忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法
第2回 酔わない飲み方、7つのウソ・ホント

 お酒をたくさん飲んで楽しみたいけれど、二日酔いが怖い…。そんなあなたのために、巷間語られる、酔わない飲み方、二日酔いにならない飲み方が、ウソかホントかを取材を基に整理してみた。取材を通じ、意外な事実も判明…。

 

2位 ◆金哲彦式ウォーキング術 目指せマイナス10歳ボディ!
こんな歩き方になっていませんか?

 誰でも気軽にできる運動として人気のあるウォーキング。心肺機能や脚の筋力が向上したり、ストレスが解消されて気持ちが前向きになったりといった効果が知られている。スピードを上げやすく、疲れにくい歩き方をマスターして、10歳若返った体を取り戻そう。

 

3位 ◆男こそアンチエイジング!
男性ホルモンはこうすればガンガン出る!

 主要な男性ホルモンのひとつ、テストステロンが“下半身”だけに関係するホルモンと思ったら大間違い。肥満や生活習慣病、さらには性格や職業選択といったメンタル面にまで影響を与えることが、最近の研究から明らかになってきた。ではどうすればテストステロン値が上がり、男らしく、若々しくいられるのだろうか。

 

4位 ◆おとなのカラダゼミナール
若すぎる見た目は大病のサイン?

 人の健康状態を見た目から診断する「望診」。漢方3000年の歴史が凝縮された“見た目の診断学”だ。日本薬科大学教授の丁宗鐵氏が、皮膚の色や見た目の若さなどから健康状態を判断するための知恵を紹介。

 

5位 ◆走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~
実践!筋肉プルプル10分トレーニング

 お陰さまで、多くのランナー予備軍(?)の皆さまから支持をいただいている、この企画。この記事では、週1ランを支える「補強トレーニング」の方法を、真鍋コーチが実践!

 

6位 ◆失敗しない 糖質ちょいオフ食事術
ダイエットの敵、血糖値の急上昇を避ける3つの食べ方

 血糖値が急激に上がるとインスリンが大量に分泌される。それは血糖値を早く下げるためだ。インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあるため、大量に分泌されると、太りやすくなる。大量の糖質をとると血糖値は上昇するが、血糖値の上昇のスピードには、食べ方も大きくかかわる。同量の糖質をとっても、短時間にとるほど血糖値の上昇スピードは早くなる。だから、食事はゆっくり時間をかけて食べることが、とても大切だ。

 

7位 ◆ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル
寝る前の2時間が自分磨きのゴールデンタイムだった!

 学生時代、試験前はいつも一夜漬けだったという人も多いだろう。若さもあって、瞬発力でどうにか切り抜けたものの、試験が終わったら、せっかく寝ずに覚えた内容もほとんど忘れていた…なんて経験はないだろうか。学生時代はこんなその場限りの学習でなんとかなっても、いざ仕事となると付け焼刃で対処できるものは限られ、積み重ねた経験やスキルがものを言う場面が多くなる。だいいち、年齢とともに寝ずにがんばること自体が難しくなる。では、学んだことをしっかり頭に定着させるにはどうしたらいいのか。

 

8位 ◆その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~
なぜ日本人には「やせの糖尿病」が多いのか?

 生活習慣病のドミノ倒し、内臓脂肪→メタボ→糖尿病というのは、よく知られたメインストリームだが、メタボだけに着目していると、罠にはまる。実は、日本人の糖尿病は、メタボでない人が約6割を占めている。

 

9位 ◆忘年会シーズン直前! 二日酔い最新撃退法
第3回 二日酔いの朝、どうすれば楽になる?

 いくら気をつけて飲んでいても、翌朝起きたら二日酔いということもあるだろう。そんな二日酔いの対処法にまつわる噂にも、ウソとホントがある。世の中で知られる対処法のウソとホントを整理するとともに、二日酔いの症状改善に役立つとされる市販薬やドリンク剤を紹介する。第1位の記事(第2回 酔わない飲み方、7つのウソ・ホント)の続編。

 

10位 ◆走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~
なぜ週1回のランニングでフルマラソンを完走できるのか?

 ランニング企画の担当となり絶望の淵にいた、走れないGooday編集部員・カメ子。書店で見つけた書籍『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(池田書店)のコンセプトに魅了され、著者のランニングアドバイザー・真鍋未央さんにお話をうかがうことになった。

11位 ◆誰にも言えない…オトコのお悩み相談室
46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた

12位 ◆有森裕子の「Coolランニング」
走る目的を見直してみませんか?

13位 ◆誰にも言えない…オトコのお悩み相談室
男性が悩むオシッコ「ちょび漏れ」の対策法とは?

14位 ◆やさしいがんの学校
胃がんは近い将来、激減する?

15位 ◆中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』
運動は“頑張らない”ほうが脂肪が燃える!?

16位 ◆名医が解説! 最新治療トレンド
気になる尿酸値、どうやって下げる?

17位 ◆中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』
腹筋運動でお腹は凹まない! その理由は?

18位 ◆やさしいがんの学校
日本人に多いがんとは

19位 ◆月イチゴルファーが2年でシングルを目指す!!
13年ぶりにクラブを手にした40代オヤジでもシングルになれる!?

20位 ◆中野ジェームズ修一が熱血指導! 『ぽっこりお腹解消メカニズム』
食事制限すると、お腹が凹まない!?

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.