日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > エビデンスが後押し! 「寝正月」のススメ
印刷

Gooday 通信

エビデンスが後押し! 「寝正月」のススメ

寝不足だとパファーマンスは低下、ダイエットでも不利益に

 中西奈美=日経Gooday

 私の2014年は、ひと言で表すなら「時間との戦い」でした。締め切りが決められている作業の途中で、別の仕事が割り込んできたり、急な変更を求められることがあると、「時間がない!!」と焦ることがしばしば。時間を作るには…「今日は徹夜かな」と、睡眠時間を削ることがすぐに頭に浮かびます。

 大抵、帰宅すると徹夜の覚悟はすぐにくじかれ、「やっぱり明日の朝、早く起きてやろう!」と布団にもぐりこむのですが、なかなか寝付けません。気付くと窓の外が明るい…。目覚まし時計に起床を促されて、のそのそとパソコンの前に着くも、仕事の効率が上がっている気がしません。

 それもそのはず。寝不足の状態では頭が回らないことが明らかになっています。24時間起きっぱなしでいると、ビール大瓶1本程度を飲んだとき(血中アルコール濃度0.1%に相当)と同じくらいパフォーマンスが低下すると、オーストラリアの研究報告があるほど(ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル「睡眠を削る人は出世できない!?」より)。

 しかも、睡眠時間が短い状態が続くと(慢性的な睡眠不足)、メタボや高血圧、糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞、脳卒中、免疫力の低下などのリスクを増大させることがいくつもの研究で明らかになっています。鬱との因果関係も言われています。

 また、私の場合、寝不足の日は体が重く、無性にお腹が空きます。しかも、肌ツヤは最悪。思わず鏡から目を背けたくなります。

 なんと、睡眠はダイエットとも関係していて、寝不足の状態になると、身体はエネルギーを貯め込むために、食欲を増進させ、代謝を落とす命令を出す、グレリンというホルモンの分泌量が増えるという研究結果も(ダイエットにいいのはどっち「4時間と7時間睡眠、どっちが太る?」より)。

 肌の調子を整えるカギは、代謝を上げる成長ホルモンを、睡眠中にしっかり分泌させることです。成長ホルモンが最も分泌される、いわゆる“ゴールデンタイム(午後10時~午前1時)”を外れてしまっていても、就寝の2時間前には食事を済ませ、入浴や家事などで軽く運動した状態にしてから床に就けば、成長ホルモンを活躍させることができます。(ダイエットにいいのはどっち「4時間と7時間睡眠、どっちが太る?」より)。

 一説によると、人生の3分の1は寝ている時間なのだとか。ついつい犠牲にしてしまう睡眠時間ですが、起きている3分の2の時間にとって大切な役割を担っているのですね。

 冬休みは生活のリズムを整えるいい機会です(自戒も込めて)。「寝正月」を貪るうえでの理論武装も兼ねて(?)、眠りの科学に触れてみるのはいかがでしょうか。

ビジネスパーソンに贈る 眠りの超スキル

睡眠を削る人は出世できない!?

寝る前の2時間が自分磨きのゴールデンタイムだった!

コーヒー+15分の“ちょい寝”は効率アップの特効薬だった

ぐったり&もやもやが翌朝スッキリ! 深く眠る、元気に起きる睡眠術

深い眠りを実現!「光」「食事」「体温」の3つのルール

深く眠って疲れ知らずの体に

入眠後3時間の深い眠りで 体も心も回復!肌にもいい!

睡眠を妨げる5つの病気の最新対策 【前編】

睡眠を妨げる5つの病気の最新対策【後編】


ダイエットにいいのはどっち?

睡眠の“ゴールデンタイム”を効果的にするコツ

4時間と7時間睡眠、どっちが太る?

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.