日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 【発表】2020年Gooday有料記事ランキング Top10  > 2ページ目

Gooday 通信

【発表】2020年Gooday有料記事ランキング Top10

「脳」「自衛隊体操」「ゆるHIIT」などが人気! 1位は定番のあのテーマ

 日経Gooday編集部


◆6位 健康長寿の生命線 「腎臓」を守る
腎臓はある日突然力尽きる 異常値が出たら放置は禁物

 「腎臓が悪くなると透析治療が必要になる」ということはよく知られていますが、その異変を早めにキャッチする方法や、腎臓の健康を守る方法は、よく知らない人が多いのではないでしょうか。

 第6位のこの記事では、健康診断の血液検査の項目にも入っている「クレアチニン」から何が読み取れるかを、横浜市立市民病院腎臓内科長の岩崎滋樹医師に聞いています。ぜひご覧ください。



◆7位 高尿酸血症の真のリスク
筋トレはNG!? 尿酸値を下げる運動の鉄則

 第7位は「尿酸値」の記事。基準値より高いと、痛風リスクが高くなることはよく知られていますが、近年の研究から、高血圧、糖尿病、腎臓病など、様々な病気に影響することが明らかになってきました。

 ではどうすれば尿酸値を下げられるのでしょう? 「運動のやり方」を中心に鳥取大学大学院医学系研究科教授の久留一郎さんにお聞きしています。



◆8位 脳医学者が指南!オトナの「脳力」の高め方
“生涯健康な脳”を維持する! 「脳の活性化」3大鉄則

 第8位は脳に関する記事。「人の名前が出てこない」「集中力が続かない」など、加齢とともに脳の衰えを感じている人は多いでしょう。ところが、何歳になっても脳機能を成長させることはできることが分かってきました。

 そこで、脳医学者の瀧靖之さんに、生涯にわたって健康な脳を維持するための3つの生活習慣について聞きました。読んでぜひ実践してください。



◆9位 高尿酸血症の真のリスク
尿酸値を下げるための食事、すぐ着手すべき3つの対策

 「尿酸値」が気になる方は、やはり多いようです。ランキング9位にも、第7位と同様、「尿酸値の下げ方」に関する記事が入りました。

 この記事では、尿酸値が高い場合の「食生活での対策」について紹介しています。ポイントは大きく3つ。「飲酒量を抑える」と、あと2つは何でしょう。ぜひお確かめください。



◆10位 老けないおうち習慣
アンチエイジングに効く「緑茶」「コーヒー」の飲み方、新常識はコレ!

 酸化から体を守る「ポリフェノール」と、元気エンジンをかける「カフェイン」。両方をたっぷり含むのが、コーヒーと緑茶です。

 では、それぞれいつ、どのくらいの量を飲むと効果的なのでしょうか。最新の研究で分かってきたことをまとめています。


先頭へ

前へ

2/2 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.