日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > 真似てあなたもタフになる! あの経営者の健康習慣
印刷

Gooday 通信

真似てあなたもタフになる! あの経営者の健康習慣

私の『カラダ資本論』名言集

 日経Gooday編集部

 日経Goodayでは2015年7月から、経営者をはじめとするマネジメント力に長けた人たちに、話を聞く連載「私の『カラダ資本論』」が好評をいただいています。今日は連載の中から、経営者たちが実践している健康習慣をご紹介します。真似ればあなたもタフになれるかも!?

星野リゾート代表 星野佳路さん

星野リゾート代表 星野佳路さん

「1日1食主義」で思考がクリアに

 食事は1日1食、夕食だけにしています。年齢とともに、基礎代謝は落ちてくる。ベストな体重を維持するには、食べる量を減らすしかない。そう考えて、40代で朝食をやめ、50代になる頃には昼食もやめました。1日1食なので、量はとくに制限せず、好きなものを好きなだけ、バランス良く食べます。甘いデザートも食べますし、お酒も飲みます。ただ、体質的に量はそれほど飲みませんね。

 1日1食にしてから、体重が落ち、血圧も下がりました。それ以前は上の血圧(収縮期血圧)は高血圧の領域に入る145程度でしたが、今は120台、高くても130台でコントロールできており、まったく問題ありません。コレステロール値も改善しています。

■星野さんの1日1食主義について、詳しくはこちらをクリックしてください。
第1回 1日1食でハングリーハイで思考がクリアに

深い睡眠をどれだけとれているか測定してみる

 睡眠については、「深い睡眠」を3時間以上とることにこだわっています。睡眠は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)のバランスが大切で、とくに脳や身体を休める深い眠りがとれていないと、質の高い睡眠は維持できないといわれます。そこで2年ほど前から、スマートフォンの健康管理アプリ「Withings」で睡眠のパターンを毎日測定しています。

 そして、例えば全体の睡眠時間は7時間とれていても、深い眠りが3時間以上とれていなければ、なぜだろうとその原因を探ります。この振り返りを繰り返すことで学びとなり、上手に眠れるようになってきました

 振り返りをして分かったのは、私の場合、寝る前にあることをすると眠りが浅くなるということです。そのため最近は就寝直前にはそれをしないことに決めています。

■星野さんが就寝直前にはしないと決めたこととは?詳しくはこちらをクリックしてください。
第2回 睡眠のパターンと1日の歩数を毎日計測

ジャパネットたかた前社長 髙田 明さん

ジャパネットたかた前社長 髙田 明さん

声を出して陽気に振舞ってみる

 「もしかしたら声を出すことが私の健康の秘訣なのかもしれません。私なりに分析すると、声を出すというのは表情をつくること。表情をつくるということは、前向きな自分をつくることにもなると思うのです。声を出している人には前向きな人が多い。実際、落ち込んでいるときには大きな声を出せませんよね。笑顔をつくると幸せな気持ちに自然となるように、声を出して陽気に振る舞うことで、自然とそういう気持ちになる。声や表情が脳をうまくだましてくれているのではないかと想像しています。

■髙田さんが考える「声を出すことの効能」については、こちらをクリックしてください。
第1回 「元気の秘訣は“高音プレゼンテーション”にあり?」

悩んでもしかたのないことで悩まない

 これまで66年間生きてきた中で、眠れなかったことは恐らく1日、2日もありません。“寝力”があると自分では思っています。いつでもどこでも移動中でも旅行中でも気にせず、眠れます。食事はもう長年1日1.5食くらいで、昼はお弁当、夜はご飯抜きで、晩酌がてら少しつまむ程度。就寝前に食べすぎないのも、よく眠れることにつながっているのかもしれませんね。

 すぐに眠れるのは、くよくよ思い悩むことがないことも影響しているでしょう。なぜくよくよしないのかといえば、起きたことを受け入れて、前へ前へと進んでいくという人生を送ってきたからだと思います。

 例えば、消費税が上がったとします。どんなに嫌だと思っても、自分の力で増税を食い止めることはできませんよね。多くの人の悩みの99%は、悩んでもしかたがないこと。過去の出来事にとらわれたり、将来のことを不安に思ったり、ほとんどの人が自分ではどうにも変えようがないことで悩んでいるのではないでしょうか。

■髙田さんがポジティブでいられるワケは?詳しくはこちらをクリックしてください。
第3回 「くよくよ悩んで眠れなかったことはありません」

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.