日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 今年こそ、絶対下げるぞ尿酸値!
印刷

Gooday 通信

今年こそ、絶対下げるぞ尿酸値!

明日からの仕事始め、新年会ラッシュの前にご一読を…

 日経Gooday編集部

 皆様、明けましておめでとうございます。自宅や故郷、旅先などでたっぷりと骨休めをして、明日から早くも仕事、という方も多いことと思います。

 カラダに役立つ様々な情報をお届けしている「日経Gooday」の中でも人気のコンテンツの1つが、「尿酸値」に関する話題。尿酸値とアルコールは切っても切れない関係にあるだけに、特にお酒好きの人は、尿酸値の動向がとても気になるようです。

 そこで、明日からの仕事始に備えて、今年こそ尿酸値を下げたいと思っている方に役立つ、選りすぐりの尿酸値ネタをご紹介していきましょう。

 まずは入門編としてお勧めしたい記事がこちら。

気になる尿酸値、どうやって下げる?

 高尿酸血症の結果として生じる「痛風」の発症年齢のトップは、実は30代。そして痛風発症には「アルコール」「肥満」「プリン体」が深く関係しています。尿酸値が高めで、痛風になることを心配しているあなた、記事中の「尿酸値を下げるための生活習慣」のウソ・ホントをぜひチェックしてみてください。けっこう誤解があるものです(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

尿酸値が高くても、痛風の発作が治まれば心配はいらない?

プリン体が多いビールなどを避ければ尿酸値は下がる?

 「健診で尿酸値が高めだったらどうすればいい?」という設定で解説したのが上記の2本。

 尿酸といえばプリン体。体内で分解され、最終的に尿酸となるプリン体は、目の敵のように語られがちですが、実は生命の維持に欠かせない物質。プリン体の含有量を細かく気にするよりも、食事の総摂取量を控え、体重を落とした方が尿酸値改善には効果的。そして、アルコールは「ビールさえ控えれば大丈夫」…ではないことも語られています。

 尿酸値が高くても特に症状はないので、つらい痛風発作さえ起こらなければ放っておいても大丈夫、と考えがちですが、その考え方は危険です。放置すれば動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こす恐れがあります(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

尿酸値を下げればメタボは予防できる?

うまい物のとりすぎは痛風リスクを高めるか?

 最後に、尿酸値とメタボの切っても切れない関係をアカデミックに解説したのが、こちらの2本。「軽めの有酸素運動を取り入れて、プリン体を多く含む食品とお酒の過剰摂取を控え、野菜と水分を多めに摂る」―。尿酸値を下げるためのセルフケアを文章にしてしまうと、いたってシンプルです(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

 「そうは言ってもなかなかね…」という声も聞こえてきそうですが、尿酸値を下げるためのセルフケアはメタボの予防や解消にも役立ち、一石二鳥。今年こそ、できるところから始めて、気になる尿酸値を下げてみませんか?

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.