日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 今年こそ、絶対下げるぞ尿酸値!
印刷

Gooday 通信

今年こそ、絶対下げるぞ尿酸値!

明日からの仕事始め、新年会ラッシュの前にご一読を…

 日経Gooday編集部

 皆様、明けましておめでとうございます。自宅や故郷、旅先などでたっぷりと骨休めをして、明日から早くも仕事、という方も多いことと思います。

 カラダに役立つ様々な情報をお届けしている「日経Gooday」の中でも人気のコンテンツの1つが、「尿酸値」に関する話題。尿酸値とアルコールは切っても切れない関係にあるだけに、特にお酒好きの人は、尿酸値の動向がとても気になるようです。

 そこで、明日からの仕事始に備えて、今年こそ尿酸値を下げたいと思っている方に役立つ、選りすぐりの尿酸値ネタをご紹介していきましょう。

 まずは入門編としてお勧めしたい記事がこちら。

気になる尿酸値、どうやって下げる?

 高尿酸血症の結果として生じる「痛風」の発症年齢のトップは、実は30代。そして痛風発症には「アルコール」「肥満」「プリン体」が深く関係しています。尿酸値が高めで、痛風になることを心配しているあなた、記事中の「尿酸値を下げるための生活習慣」のウソ・ホントをぜひチェックしてみてください。けっこう誤解があるものです(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

尿酸値が高くても、痛風の発作が治まれば心配はいらない?

プリン体が多いビールなどを避ければ尿酸値は下がる?

 「健診で尿酸値が高めだったらどうすればいい?」という設定で解説したのが上記の2本。

 尿酸といえばプリン体。体内で分解され、最終的に尿酸となるプリン体は、目の敵のように語られがちですが、実は生命の維持に欠かせない物質。プリン体の含有量を細かく気にするよりも、食事の総摂取量を控え、体重を落とした方が尿酸値改善には効果的。そして、アルコールは「ビールさえ控えれば大丈夫」…ではないことも語られています。

 尿酸値が高くても特に症状はないので、つらい痛風発作さえ起こらなければ放っておいても大丈夫、と考えがちですが、その考え方は危険です。放置すれば動脈硬化が進みやすく、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こす恐れがあります(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

尿酸値を下げればメタボは予防できる?

うまい物のとりすぎは痛風リスクを高めるか?

 最後に、尿酸値とメタボの切っても切れない関係をアカデミックに解説したのが、こちらの2本。「軽めの有酸素運動を取り入れて、プリン体を多く含む食品とお酒の過剰摂取を控え、野菜と水分を多めに摂る」―。尿酸値を下げるためのセルフケアを文章にしてしまうと、いたってシンプルです(詳しくは上の記事タイトルをクリックしてご覧ください)。

 「そうは言ってもなかなかね…」という声も聞こえてきそうですが、尿酸値を下げるためのセルフケアはメタボの予防や解消にも役立ち、一石二鳥。今年こそ、できるところから始めて、気になる尿酸値を下げてみませんか?

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.