日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > お正月、新年会で「二日酔い」を防ぐためにやるべき飲酒ルール
印刷

Gooday 通信

お正月、新年会で「二日酔い」を防ぐためにやるべき飲酒ルール

来年こそ「酒に飲まれない」上手な飲み方を実践しよう

 連日連夜の忘年会をなんとか乗り切ってホッと一息。…と思いきや、これからもお正月、新年会とまだまだ酒席が続きます。

忘年会は終わっても、まだまだ酒席は続きます。事前にきちんと「お酒対策」を実行しておきましょう(©Dmitriy Shironosov -123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 忘年会では「飲みすぎて翌日は二日酔い」などという手痛い失敗をした人も多いでしょう。2016年は、事前にきちんと「お酒対策」を実行して、翌日にお酒を残さないようにしましょう。さらに、対策したにもかかわらず、二日酔いになってしまったときのために、いち早くリカバリーする方法も知っておくと安心です。そこで今回は、二日酔いの予防や、二日酔いで困った朝の対処法をまとめました。

 また、40歳、50歳になっても、若い時と同じような無茶な飲み方をしていてはカラダを壊します。お酒と病気の関係について正しく理解し、「適切な飲み方」を実践することも、長くお酒を楽しむためにはとても大切です。病気にならないための「飲酒ルール」をまとめた記事も併せてご紹介します。ぜひご一読ください!

二日酔い予防に! 宴会の日は「ランチにカレー」

ウコンは食品として、カレーで摂るのがオススメ!(©PaylessImages-123rf)

 「二日酔い予防」のために、ウコンを愛用している人も多いでしょう。飲料やカプセルなどが一般的ですが、漢方の専門医で日本薬科大学学長である丁宗鐵さんは、「ウコンは食品として丸ごと摂るのがベスト。宴会の前にウコンが使われているカレーを食べるのがオススメ」と話します。夜に飲む予定がある日は、ランチにカレーを検討しましょう。

「おつまみに納豆」が酒から体を守る!

 飲み過ぎないことが大切だと、頭では理解していてもなかなか実践できません。つらい二日酔いを回避するために、自分でできる予防策はないのでしょうか。肝臓専門医の浅部伸一先生に話を聞きました。

二日酔いで困った朝は「サプリ」や「漢方薬」で対処する

辛い状態から脱出するには(©tooru sasaki-pixta)

 酒宴の盛り上がってついつい飲み過ぎて、気づけば二日酔い…。こんなときは、一刻も早く、頭痛や吐き気などの辛い状態から脱出したいものです。そこで、こんなときに役立つ、サプリメントや、漢方薬を紹介します。

胃もたれ・胸焼けが残る朝は1杯の味噌汁から

 お酒を飲んだときは、水分を意識して取ることが大切だとよく言われます。消化器関連の疾患に詳しい慶應義塾大学医学部の鈴木秀和教授が勧めるのは、「適度な塩分(ナトリウム)を含む具のない味噌汁や体液に近い塩分を含むスポーツ飲料」です。不快な朝は1杯の味噌汁から始めましょう。

14万人調査で判明! 病気にならないための「飲酒ルール」

病気にならないための「飲酒ルール」とは(©PaylessImages-123rf )

 飲酒の量や回数を含む大規模な生活習慣調査から、「日本人にどんな疾患リスクがあるのか」を導き出している研究があります。アルコールと疾患リスクの関係について、国立がん研究センターのがん予防・検診研究センター長である津金昌一郎先生に話をうかがいました。

「酒はあきらめられない。だから、ラーメンはあきらめた」 ―俳優・石原良純さん

 俳優で気象予報士の石原良純さんは、6年前からカレンダーに禁酒日の☆マークをつけています。そして、1週間に1つは☆をつけるように意識しているそうです。平均で年間70~80個ぐらい、多い年には120個の☆がついたこともあるとのこと。「お酒はあきらめられない」という石原さんに体調のコントロール術をお聞きしました。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.