日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 今年も、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画をご笑覧ください
印刷

Gooday 通信

今年も、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画をご笑覧ください

本気なのにどこか笑える…記者が体張って書いています!

 日経Gooday編集部

新年、あけましておめでとうございます。

 日経Goodayの創刊以来、とても好評をいただいている編集部員によるスポーツ挑戦企画。「ランニング」「ゴルフ」「スイミング」「バイク」と、カテゴリーはどれも人気種目ばかり。「今年こそは始めてみたい!」「健康のために何かスポーツをやってみたい」という人から、「なかなかきっかけがない…」と悩んでいる人まで、現場で七転八倒する部員の姿をご覧頂ければ、みなさんも勇気が湧いて来るはず!! 本年も引き続き、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画に、皆様からの温かいご声援をお待ちしております。

 年頭にあたり、お薦め記事をご紹介しながら、各連載の担当者からの新年の抱負と、「へたれ部員」たちを我慢強く!? ご指導して頂いている先生方からの「通信簿」もこっそり載せちゃいます。

【企画1】 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

 ◆お薦めの記事

 第1回「企画が決まって毎日がブルー

 第6回「ランニング初日、いきなり準備体操で力尽きる

 第7回「初めてのランでフォームを誉められ有頂天!

担当編集・カメ子の抱負
 2015年のカメ子の目標は、もちろんフルマラソン完走です!…と、ドS編集長の手前、言っておくことにします(^^;)
 20年近くの運動不足を経て、たったの「5分」からスタートしたばかりのランニング。今年はいろいろな試練が待ち受けている予感がしますが、ヘタレ魂を忘れず、カメの歩みでゆる~くがんばります!
真鍋未央先生からの通信簿
 初めのうちは、本当に走れるようになるのか半信半疑なところもあったかと思いますが、今ではすごく前向きなコメントが増え、いい感じでトレーニングができています♪
 今後も、楽しむことを忘れずにランニングをしてほしいと思います。そして、ベースは変わりませんが、マラソン完走に向け、トレーニングのバリエーションも増えていきますのでお楽しみに…(笑)(ドSではありません…)
 期待しております♪

【企画2】 ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

 ◆お薦めの記事

 第1回「衝撃!ママチャリとは全く異なるスポーツバイク

 第5回「乗れたけど、降りられない!

 第6回「勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

担当編集・中西の抱負
 今年は初心を忘れず、探究心と向学心を持ちながら、スポーツバイクの世界にもっとのめり込んでいきたいです。その楽しさをリアルにお伝えしたいと思います。昨年を振り返ると、Gooday編集部にいなければ、おそらく一生縁がなかったであろう、スポーツバイクへの挑戦のおかげで、“自転車愛”にあふれる多くの方に出会うことができました。
絹代先生からの通信簿
 残り9カ月。長いようで、実は短いです。自転車の楽しさをしっかり体得しながら、100マイル走れるよう準備しましょう。9月にはホノルルで感動のゴールが待っています!

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.