日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 今年も、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画をご笑覧ください
印刷

Gooday 通信

今年も、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画をご笑覧ください

本気なのにどこか笑える…記者が体張って書いています!

 日経Gooday編集部

新年、あけましておめでとうございます。

 日経Goodayの創刊以来、とても好評をいただいている編集部員によるスポーツ挑戦企画。「ランニング」「ゴルフ」「スイミング」「バイク」と、カテゴリーはどれも人気種目ばかり。「今年こそは始めてみたい!」「健康のために何かスポーツをやってみたい」という人から、「なかなかきっかけがない…」と悩んでいる人まで、現場で七転八倒する部員の姿をご覧頂ければ、みなさんも勇気が湧いて来るはず!! 本年も引き続き、「汗」と「涙」のスポーツ挑戦企画に、皆様からの温かいご声援をお待ちしております。

 年頭にあたり、お薦め記事をご紹介しながら、各連載の担当者からの新年の抱負と、「へたれ部員」たちを我慢強く!? ご指導して頂いている先生方からの「通信簿」もこっそり載せちゃいます。

【企画1】 走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

 ◆お薦めの記事

 第1回「企画が決まって毎日がブルー

 第6回「ランニング初日、いきなり準備体操で力尽きる

 第7回「初めてのランでフォームを誉められ有頂天!

担当編集・カメ子の抱負
 2015年のカメ子の目標は、もちろんフルマラソン完走です!…と、ドS編集長の手前、言っておくことにします(^^;)
 20年近くの運動不足を経て、たったの「5分」からスタートしたばかりのランニング。今年はいろいろな試練が待ち受けている予感がしますが、ヘタレ魂を忘れず、カメの歩みでゆる~くがんばります!
真鍋未央先生からの通信簿
 初めのうちは、本当に走れるようになるのか半信半疑なところもあったかと思いますが、今ではすごく前向きなコメントが増え、いい感じでトレーニングができています♪
 今後も、楽しむことを忘れずにランニングをしてほしいと思います。そして、ベースは変わりませんが、マラソン完走に向け、トレーニングのバリエーションも増えていきますのでお楽しみに…(笑)(ドSではありません…)
 期待しております♪

【企画2】 ママチャリライダーがセンチュリーライドを目指してみた

 ◆お薦めの記事

 第1回「衝撃!ママチャリとは全く異なるスポーツバイク

 第5回「乗れたけど、降りられない!

 第6回「勘違いだらけだったクロスバイクの乗り方・降り方

担当編集・中西の抱負
 今年は初心を忘れず、探究心と向学心を持ちながら、スポーツバイクの世界にもっとのめり込んでいきたいです。その楽しさをリアルにお伝えしたいと思います。昨年を振り返ると、Gooday編集部にいなければ、おそらく一生縁がなかったであろう、スポーツバイクへの挑戦のおかげで、“自転車愛”にあふれる多くの方に出会うことができました。
絹代先生からの通信簿
 残り9カ月。長いようで、実は短いです。自転車の楽しさをしっかり体得しながら、100マイル走れるよう準備しましょう。9月にはホノルルで感動のゴールが待っています!

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.