日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > 筋トレではやせない、と思っていませんか?
印刷

Gooday 通信

筋トレではやせない、と思っていませんか?

体力に自信のない人こそ「ながら筋トレ」を

 カメ子=日経Gooday

 「筋トレって、体を鍛えたい人がやるものだから、単にやせたいと思っている自分には関係ないよね」

 …そんな風に思っている方はいませんか?

 私、編集部員カメ子は、そう思っていました(^^;) だって、筋トレって、キツイし、短時間しかできないからカロリーをあまり消費しないし、地味なんだもの…。

 ランニングやウォーキング、水泳、サイクリングといった長時間持続可能な運動は、「有酸素運動」と呼ばれ、体脂肪の燃焼に有効であることはご存じの方も多いでしょう。実際に、日常生活に取り入れている方も多いかもしれません。

 それに対して、筋肉を鍛える運動(いわゆる「筋トレ」)は、強度の高い運動を短時間に反復する「無酸素運動」に含まれ、主として筋肉を増やすために行います。

 「あー、それは、自分には必要ないな」

 …と思ったあなた。実は、そうではないのです。

 メタボ対策や減量のためには、まとまった時間行う有酸素運動が有効ですが、体力に自信のない人、筋肉のない人は、同時進行で筋トレを行い、筋肉量を増やした方が、有酸素運動の効果も上がり、ケガをしにくい体を作れるのです。

 しかも、筋肉が1kg増えると、基礎代謝(呼吸や体温調整など、最低限必要な生命活動を維持するためのエネルギー)が1日20~50kcal増えるので、計算上は食事量を変えなくても年間2~3kgの減量効果が得られることになるとか。

 そんな仕組みを、アカデミックに解説した記事が、こちら。

その異常値、戻しましょう!~ STOP・メタボの12ステップ~

運動編【2】 あなたに適しているのは有酸素運動か、レジスタンス運動か

運動編【1】 寝ていてもやせられる体”を手に入れるには

 いかがですか? 私はこの事実を知って、がぜん、筋トレをやる気がアップしました。私が現在取り組んでいるランニング企画でも、週に2回の筋トレ(補強トレーニング)がメソッドに組み込まれています。

 最初は5回を3セット、1日3種類からスタートです。当初は「面倒だな…」と思ったものの、「歯を磨きながらスクワット」「寝る前に布団に入ったら腹筋運動」といった具合に「ながら運動」にしてしまえば、思ったほど苦ではありません(もちろん、最初は筋肉痛になりましたが…。その模様は、次回の「走り亀」でご紹介いたします)。

 「運動不足歴約20年」からスタートの、ヘタレな私でも(おおむね)苦ではないのだから、大丈夫! 特にこれからランニングを始めようと考えている方は、ぜひ、筋肉をプルプルさせながら、こちらの10分トレーニングを試してみてください。今年、日経Goodayの運動関係コンテンツの中で、最もよく読まれた記事の一つです。

走り亀 ~ヘタレランナー フルマラソンへの道~

実践!筋肉プルプル10分トレーニング

 ちなみに、やみくもに筋トレをやればいいというわけではありません。もし、お腹を凹ませたければ、実は、腹筋運動は不向きなのだとか。その理由は、中野ジェームズ修一さんの大人気連載をご覧ください。こちらも、今年大ブレイクした記事です。ぽっこりお腹をやっつけたい方は必読ですよ。

中野ジェームズ修一が熱血指導!  『ぽっこりお腹解消メカニズム』

腹筋運動でお腹は凹まない! その理由は?

<バックナンバー>

食事制限すると、お腹が凹まない!?

「汗をかく=脂肪が落ちる」は勘違い!

運動は“頑張らない”ほうが脂肪が燃える!?

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.