日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > すぐに始めたい! 血管を強くする食事  > 3ページ目
印刷

Gooday 通信

すぐに始めたい! 血管を強くする食事

乱れた食生活を続けていくと、血管はボロボロに

 日経Gooday編集部

血管の老化の原因の1つ「糖化」を抑える食事とは?

 近年、老化の元凶の1つとして、「糖化」が注目されています。糖化とは、体内の過剰な糖とたんぱく質が結びつき、たんぱく質が劣化する現象です。体内の血管、そして内臓、骨、関節などの機能も低下させ、さまざまな病気の原因になります。血管の若さを維持するためにも、糖化対策も怠らないようにしましょう。

糖化コントロールの3本柱
AGEsは、過剰な糖とたんぱく質が結びつき、複雑なプロセスを経て生成される糖化最終生成物のこと。

 糖化のプロフェッショナル・同志社大学 生命医科学部 糖化ストレス研究センター チェア・プロフェッサー教授の八木雅之先生は、糖化対策には大きく3つの柱があると話します。具体的には、「食後高血糖を抑える」「糖化反応を抑える」「できてしまった糖化最終生成物(AGEs)を分解する」の3つです。

 このうち第1の対策「食後高血糖を抑える」は、前ページで紹介した「野菜や肉などを先に食べる(食べ順を変更)」、「糖質の摂取量を抑える」「低GI食品を取り入れる」といった対策が有効です。

お茶やハーブ、スパイスで「糖化」に歯止めをかける!

 対策2は、余分な糖が体内でたんぱく質と結びついて糖化反応を起こすプロセスをブロックしようというものです。八木さんは、私たちの身近にある食材にこれらの働きがあることが分かってきたと話します。

 八木先生は、「糖化反応の抑制作用(抗糖化作用)は、多くの植物素材で報告されています。しかも、茶、健康茶、ハーブティー、スパイス、各種野菜、ハーブ類、フルーツ、発酵食品など身近な食品にその作用がありますから、普段の食事メニューに取り入れることは難しくありません」と話します。

 具体的に、糖化反応の抑制作用が期待できる主な食材例を以下の図にまとめました。八木先生によると、主に植物に含まれる「ポリフェノール」に糖化抑制効果があるのだと話します。

 この図にあるように糖化を抑制する食材は多岐にわたりますが、八木先生はまず、緑茶、玄米茶、甜茶、ドクダミ茶などの「お茶・健康茶」を上手にとるところから始めるといいとアドバイスします。

 対策3は、“体内にできてしまったAGEs”の分解を促そうというものです。八木さんは、近年の研究から体内で生成されたAGEsを分解する作用を持つ複数の成分が見いだされていると話します。

 「たんぱく質中に生成したAGEsを分解する化学物質としては、PTB(Phenacyl Thiazolium Bromide)が報告されています。この物質と同様の作用は、ヨモギ、レンゲソウ、ザクロ果実、ゆず果皮、ハーブなどでも確認されています。ショウガ科の植物にもこの作用があります」(八木先生)。

 また、八木先生は、「私たちの体には、酸化されたたんぱく質を分解するOPHという酵素(酸化たんぱく質分解酵素)が備わっています。この酵素には『酸化』という名前がついていますが、弱いながらも体内で生成されたAGEsを分解、排出する機能が備わっているのです」と話します。

 「ハーブなどの植物中にOPHの活性を増強させる成分が存在します。例えば、ハイビスカス、フェネル、フェヌグリークなどのハーブにOPH活性の増強作用が確認されています。さらにこれらのハーブはAGEsを分解する作用も兼ね備えています」(八木先生)

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.