日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 「お腹を凹ませたいなら、腹筋100回よりまず歩こう!」
印刷

Gooday 通信

「お腹を凹ませたいなら、腹筋100回よりまず歩こう!」

パーソナルトレーナー・中野ジェームズ修一さん IN 「エコプロダクツ2014」

 日経Gooday編集部

去る12月13日、日本経済新聞社が主催する「エコプロダクツ2014」(東京ビッグサイト)において行われた、「日経Gooday プレゼンツ 中野ジェームズ修一が熱血指導!『エコウォーキングでぽっこりお腹解消』」の特別セッション。五輪メダリストをはじめとするトップアスリートたちのコンディショニングをサポートする、超一流パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんを迎え、メタボ解消トークが繰り広げられました。また、イベント期間中は「日経Gooday」のプロモーションブースも出展。最新の体組成計で体の状態を測定するサービスが大好評でした。当日の模様の一部を読者のみなさんにお届けします!

お腹をへこませるのはとっても簡単!

 「あれぇ、片脚だとフラフラするなぁ」「うぁ、これはキツぅ~い」

 ステージの上からパーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが、会場の参加者に実践メソッドを兼ねた「筋力診断」を促すと、あちらこちらからため息にも似た声がもれてきた。

パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが、脚力チェックのデモンストレーションを行う。スペシャルトークライブの参加者たちも、中野さんに合わせて体の状態をチェックする。
[画像のクリックで拡大表示]
前回のロンドン五輪において、卓球団体の銀メダリストである福原愛選手、バドミントンのペアで銀メダルを獲得した藤井瑞希選手をはじめ、トップアスリートのコンディショニング・フィジカルトレーナーとして活躍している中野ジェームズ修一さん。
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のスペシャルトークは、「エコウォーキングでぽっこりお腹解消」がテーマ。中野さんによる講演と実演を組み合わせながら、「ダイエット」「アンチエイジング」「メタボリックシンドローム」「ロコモティブシンドローム」「介護」そして「エコロジー」までと、実にさまざまな健康キーワードとともに熱血指導が行われた。冒頭の声は、このトークライブ終盤の一幕でのことだ。

 当日は、編集長の米田による冒頭のあいさつの後、会場の拍手に迎えられ、パーソナルトレーナーの中野ジェームズ修一さんがステージに登場。副編集長の池田を相手に、熱を帯びたトークが交わされた。

中野 「お腹が出てきたことに悩んでいたり、へこませるのに苦労されていたりしませんか? へこませることがとても大変なイメージがあるようですが、実はものすごく簡単なんですよ。でも、なぜできないのか? それは、やり方が違っていたり、間違った考え方を身に付けていたりするからなのです」

池田 「多くの人が『太った』『お腹が出た』と思いながら、体重やウエストの数字で悩んでいます。原因は何なのでしょうか?」

中野 「体重を落とすために、食事量を調整したり、運動をがんばったりする人がいますが、重要なのは筋肉なのです。会場のみなさんは『基礎代謝』という言葉を聞いたことはありますか?」

(会場にいる参加者のほぼ全員が手を挙げる)

「体重をコントロールできている人は、日常生活の中でよく動く、たくさん歩くことが多いんです。年をとっても体を動かすことを習慣にしておけば、メタボリックシンドローム予防だけではなく、QOLの維持にもつながります」(中野さん)
[画像のクリックで拡大表示]

中野 「基礎代謝が増えると太りにく体質になりますが、そもそも基礎代謝を大きく担っている器官は筋肉です。そして、代謝量を後天的に増やすためには、筋肉を鍛えるしかないのです。ちなみに、脳や肝臓は鍛えても残念ながら大きく出来ません(笑)。で、多くの人は体重を落すためにカロリーを気にして食事を制限しますが、そうすると何が減るのか。筋肉量です。食事を減らせば細胞を作るために欠かせないたんぱく質の摂取量が減り、体のエネルギー源になる炭水化物も減る。体はそれを一生懸命に補おうとするために、筋肉を分解して糖を作る。この繰り返しで筋肉量が減ると、逆に太りやすくなってしまいます」

池田 「食事は減らし過ぎてはダメなのですね。すると運動しようとなるわけですが、例えば、本日のテーマにもなっているお腹をへこませようとして腹筋を鍛えても、あまり効果が出ません。これはどうしてなのでしょうか?」

中野 「実は、お腹をへこませるために必要なのは腹筋運動ではありません。お腹が出る原因は内臓脂肪、腹部の内容物が増えたからです。それを効率よく減らすには、エネルギー消費量を増やす考え方に改める必要があります。筋肉を鍛えながらエネルギー消費量も上げるには、ウォーキングやランニングといった有酸素運動が向く。腹筋を100回する時間があるならば、歩く方がよほどいいのです」

池田 「『お腹をへこませるなら腹筋運動』と思っている人は多いかと思うのですが」

中野 「腹筋は、筋肉量から見れば大きくありません。太もも、お尻、さらに背中など、大きな筋肉を鍛える方が、効率的に代謝は上がる。中でも脚は動かしやすいうえに、最も鍛えやすいのです。もしもお腹がへこまずに悩んでいるならば、ウォーキングで下半身を鍛えてください。すぐに効果が出るはずです」

池田 「お腹をへこませたいならば、下半身にある筋肉を動かして、鍛える! おもしろいですね」

中野 「そもそも基礎代謝は20歳から年1%ずつ減るといわれていますが、これは筋肉量に関係しているとされています。ですが、上半身の筋肉量は20歳の頃とあまり変わらないことが分かっています。では、どこが減るのか。下半身の筋肉量です。これが基礎代謝を下げる大きな原因なのです。さらに年齢と共に生活での活動量が減るにつれて、『サルコペニア』といわれる筋肉が減ってくる現象も起こり始めます。でも、70歳、80歳になっても筋肉量は増やせるのですよ」

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.