「体重をコントロールできている人は、日常生活の中でよく動く、たくさん歩くことが多いんです。年をとっても体を動かすことを習慣にしておけば、メタボリックシンドローム予防だけではなく、QOLの維持にもつながります」(中野さん)

記事に戻る