日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 「お腹を凹ませたいなら、腹筋100回よりまず歩こう!」  > 4ページ
印刷

Gooday 通信

「お腹を凹ませたいなら、腹筋100回よりまず歩こう!」

パーソナルトレーナー・中野ジェームズ修一さん IN 「エコプロダクツ2014」

 日経Gooday編集部

メタボの男性は女性に対して失礼!

 トークライブが終盤を迎えるにつれて、会場の参加者たちは気が付かないうちに弱った自分の筋力を改めて実感してきたようだ。いつしかステージにいる中野さんを見る眼差しも真剣そのものになっている。

中野 「筋肉は男性ホルモンの影響によって作られるため、そもそも男性のほうが筋肉はつけやすい。しかもメタボを生む内臓脂肪は有酸素運動によって燃焼するため、歩けば歩くほどお腹はへこみますし、脚の筋肉も鍛えられて基礎代謝も上がる。一方、女性は男性ホルモンの分泌が少ないため筋肉がつきにくく、また皮下につきやすい脂肪はとても燃やしにくい。女性は日常生活の中で活動量を下げないように心がけることが大切です。男女の体の仕組みに違いはありますが、結論から言うと、男性のほうが断然にやせやすい。女性がダイエットに苦労するに比べたら、男性がメタボだなんて『女性に対して失礼』なんですよ!(笑)」

日経Gooday プロモーションブースが大盛況!

 「エコプロダクツ2014」(12月11日~13日)において、日経Goodayがプロモーションのための特別ブースを出展。大勢の方々が開催期間中にブースを訪れてくれた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
写真左、日経Goodayのプロモーションブースでは、コンテンツ紹介やテレビCMを取り入れた映像も流れる中、最新型の体組成計を使った「日経Gooday診断」に人気が集まった。一時、長い列もできていた。写真右、診断した結果に応じて、今の体の健康度など判定した。

 なかでも大好評だったのが、タニタ(東京都板橋区)の最新型体組成計を使って体の状態を測定するコーナー。測定結果に応じて「日経Gooday診断」を行うサービスに参加した皆さんからは、「想像以上にGooday度が低かった。健康な体づくりのため、これから日経Goodayに毎日アクセスしたいと思います」(40代女性)、「毎日、ストレッチとウォーキングをしているからか、同世代よりもずっといい結果でした。おかげでこの年になっても風邪ひとつ引きません。日経Goodayの記事を参考に、もっと元気になってがんばりたい」(70代男性)といった声が。日経Goodayが、健康習慣づくりのいいきっかけになりそうな手ごたえが感じられた。

家族3人でブースを訪れてくれた中牧直人さん(仮名、会社員)は、49歳にして1日の基礎代謝が1731キロカロリーを誇るスポーツマン! 「週1でゴルフの練習、今年は計15ラウンド。これが健康と元気の支えです。まだまだがんばって働かないといけないので、体の健康にもっと気をつけるようにします」
[画像のクリックで拡大表示]
実際にパソコンを操作してもらいながら、来場者に日経グッデイのサイトをいろいろと閲覧してもらった。同サイトのイメージカラーでもあるグリーンの特製Tシャツを着たスタッフが、来場者に便利なお薦めのコンテンツなどをご紹介した。
[画像のクリックで拡大表示]

 参加者たちにはもれなく日経Gooday特製のノベルティグッズなどが配られ、ブースは「エコプロダクツ2014」の開催最終日の最後時間まで、大変な賑わいだった。

(取材・文:木岡かずこ=ライター/写真:竹井俊晴/イラスト:三弓素青)

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.