日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 「どんな現場でも、どうやったら楽しいかを考える」―俳優・石原良純さん
印刷

Gooday 通信

「どんな現場でも、どうやったら楽しいかを考える」―俳優・石原良純さん

~GoodayTalk&Clinic 石原良純流 多忙な人のためのベストコンディションの作り方【後編】

12月14日に開催されたセミナー「日経GoodayTalk&Clinic」では、東海大学医学部教授の川田浩志さん、日経Goodayの『石原良純の「日々是好転! ときどきカラダ予報」』連載でおなじみ、俳優で気象予報士の石原良純さん、キャスターの榎戸教子さんによる楽しいトークが繰り広げられました。今回の後編では、石原さんの運動のお話、仕事のモチベーションアップの秘訣などに踏み込んで伺っていきます。(12月22日に公開した前編はこちら

12月14日の「日経GoodayTalk&Clinic」は、俳優で気象予報士の石原良純さん、東海大学医学部教授の川田浩志さん、進行役にキャスターの榎戸教子さんが参加して楽しいトークが繰り広げられた。会場となった日経カンファレンスルームは、仕事帰りのビジネスパーソンらで満席に。
[画像のクリックで拡大表示]

<運動編>「男は30にして走る! 人は体力から衰え始める」

 石原さんは、日頃から駒沢公園をランニングしたり、フルマラソンにも出場する本格派アスリートでもあります。石原さんが運動を続ける理由とは?

榎戸さん 「石原さんはフルマラソンで「サブフォー(フルマラソンを4時間以内で走ること)」を達成されたとのこと、すごいですね!」

石原さん 「まあ、未公認ですけどね……。横浜市が悪いんです!(※コース距離が約186メートル短かったことが判明し、今年の横浜マラソンの記録はすべて未公認となった)」

榎戸さん 「マラソンはずっとやっていらっしゃるんですか?」

石原さん 「はじめてマラソンをしたのは20年前、上岡龍太郎さんに誘われたんです。それからしばらく中断をしていて、東京マラソンが始まってから、再び走り始めました。体力、気力、知力があるとすると、一番最初に衰えるのは体力ではないかと思うんですね。知力は社会に出て働いていれば、ある程度キープすることができるし、気力も仕事で責任ある立場になれば自然と上がっていく。でも、体力は、僕自身30歳を過ぎたころに『あれ?』と思うことが増えたんです。これはなんとかしないと、と思って走り始めた。いわば自分との戦いですね。ちょっとかっこつけて言えば、男は30にして走る、っていうことでしょうか」

「体力、気力、知力があるとすると、一番最初に衰えるのは体力ではないかと思うんです。体力は僕自身、30歳を過ぎたころに『あれ?』と思うことが増えたんです。これはなんとかしないと、と思って走り始めたんです」(石原さん)
[画像のクリックで拡大表示]

榎戸さん 「なるほど。では、川田先生、医学的にも、人は体力から衰えるのでしょうか」

川田さん 「そうですね。体力が衰えると『もう無理が利かない』と思い込んでしまい、気力も知力も落ちてしまって閉じこもりがちに―。そんな悪循環が起こってしまうのです。反対に、体力を維持できれば『自分はまだやれる』と自信がつき、良い循環が起きるんですね」

 35歳のときよりも今のほうがスピードも速くなったのは「とことん練習したからです」と話す石原さん。

石原さん 「とにかく練習をしてきたけれど、その経験から感じるのは、僕らアマチュアがやるべきなのは練習量を増やすことや体重を落とすことよりも、まずフォームをきちっと整えること。人それぞれ、上り坂は得意だけど下り坂がどうも、とか、得手・不得手があると思うんです。そんなときにも正しいフォームを知ることで故障も防げる、スピードも速くできる。もし伸び悩んでいる人は、思い切ってプロの指導を受けてみるといいですよ」

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.